亀田俊和検証委員会

歴史学者・亀田俊和、呉座勇一氏らの『歴史の真実』の他、日本史界隈、本邦のアカデミズムの闇などを検証しているブログです。

Broken Japanese History/歴史学者、半生をかく語りきー亀田俊和氏と呉座勇一氏と~秘史篇・上~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

女性蔑視投稿で炎上の呉座勇一氏 知人は「彼は食事中もスマホを手放さないSNS中毒」 | デイリー新潮

「匿名で悪口スクショが続々と…」呉座勇一氏“中傷投稿”問題、渦中の北村紗衣氏が語る顛末 | 文春オンライン

自分を責める気持ちが湧いてきて…呉座勇一氏“中傷投稿”問題、北村紗衣氏が語る「二次加害の重み」 | 文春オンライン

知識人「言論男社会」の深すぎる闇…「呉座勇一事件」の背景にあったもの(後藤 和智) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

令和三年・呉座の乱:ロマン優光連載183 (2021年3月26日) - エキサイトニュース

ベストセラー『応仁の乱』呉座勇一さんを名古屋大教授らが提訴 「オープンレターを削除する義務ない」 - 弁護士ドットコム

武蔵大准教授の北村紗衣氏、甲南大非常勤講師を提訴 「ツイッターで名誉毀損された」 - 弁護士ドットコム

・当ブログへのご意見・ご感想などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

安倍晋三元首相暗殺事件から、かれこれ約1ヵ月が過ぎました。山上徹也容疑者によって引き起こされた同事件がもたらした激震は、本邦にて留まるところが無いようです。当ブログでも、目下、再三再四取り上げており、大変恐縮ではございます。

 しかし、繰り返しますが……上記の暗殺事件で逮捕された山上容疑者が、実はアンチフェミニスト(?)として呉座騒動に興味津々であり、同騒動の元凶たる呉座勇一氏にも並々ならぬ共感を抱いていたことなどは、紛れも無い事実ではあります。誠に遺憾ながら、です。

 言うまでもなく、犯行自体は、文字通り1ミクロンも情状酌量の余地も無い、非道極まりない凶行です。この場をお借りして、改めまして、最大限の厳しい言葉で非難させて頂きます。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

vh8221.github.io

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

forest-life-japan.com

yone56563.blog.fc2.com*1

yonemoto.blog63.fc2.com*2

bunshun.jp

www.nikkansports.com

dot.asahi.com

news.tv-asahi.co.jp

mainichi.jp

www.yomiuri.co.jp

www.yomiuri.co.jp

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

www.news-postseven.com

www.news-postseven.com

friday.kodansha.co.jp

dot.asahi.com

bunshun.jp

bunshun.jp

www.mbs.jp

www.mbs.jp

www.yomiuri.co.jp

www.asahi.com

www.asahi.com

www.jiji.com

togetter.com

togetter.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

 ……山上徹也容疑者のツイートなどは、皮肉にも事件の背景、ひいては同容疑者自身の実像や犯行の真意等を解明する上での文字通り貴重な一次史料*3として、永久保存されるでしょう。事件後、ツイッターそのものは凍結されたとはいえ、です。 

 とどのつまり、呉座氏も、呉座騒動も……。山上容疑者の思想信条に少なからず影響を与えてしまったアンチフェミニスト(?)の事象として、後世の歴史家や日本史研究者たちからも、注目されるのは確実でしょう。呉座氏ご本人が、好むと好まざるとに関わらずに、です。呉座騒動のきっかけを甚だ不本意ながら、結果的に作ってしまった亀田センセイの「レフティ」云々騒動も同様かと推定されます。

 不遜な言い方で恐縮ですが、うがった見方をすれば……日本の次代を担う綺羅星の如き天才歴史学者たちが、半永久的に歴史学の研究対象の一部になるという、本邦初(?)の栄誉を呉座氏や亀田センセイは棚ボタで獲得してしまった可能性もあります。まさに、運命の人!日本史界隈のシンデレラボーイならぬ、ギフテッド!!神懸かり的な偉業です!!!嗚呼、自分はご両名の奇跡を前に、ゲヘナの火、もとい、羨望と嫉妬の炎に我が身を焼かれる想いです。

 今後も、自分は微力ではございますが、お二人が引き起こすモーセの海割りさながらの奇跡の御業を目の当たりすべく、応援させて頂きます!


www.youtube.com

 お二方の名声をさらに広めて、その秘めたる魅力を、少しでも多くの方々に知って頂くこともまた自分の本望であります。くどいようですが、宜しくお願い申し上げます。

 

●呉座勇一氏、自著の「あとがき」にて半生を語る~其の壱~

 前回のエントリーでも取り上げましたが、呉座勇一氏は博士論文を元に大著『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)を上梓されております。刊行当時、そのことが余程嬉しかったのか。巻末の「あとがき」で、呉座氏は珍しく、紙幅を費やして、饒舌に自分語りもしておられました。「あとがき」の、ほぼ全頁数*4を隈なく使ってまで、です。

cir.nii.ac.jp

www.shibunkaku.co.jp

 あとがき

 本書は二〇一一年一月に東京大学大学院に提出した博士学位請求論文「日本中世の地域社会における集団統合原理の研究ー領主の一揆を中心としてー」を原型としている。村井章介先生(主査)、榎原雅治先生、久留島典子先生、桜井英治先生、深沢克己先生にご審査いただき、二〇一一年六月に学位を授与された。懇切丁寧に審査して下さった五人の先生方に、改めてお礼を申し上げる。

 周囲からせっつかれて博士論文の公刊を決意したのは、二〇一二年の歴史学研究会大会の報告が終わって、しばらく経ってからだった。私のような未熟者には時期尚早との思いもあった既発表論文の恥ずかしいミスや明白な事実誤認を訂正する機会を得ると前向きに捉えることにした。今後は初出時の論文ではなく、本書をご参照いただければ幸いである。なお刊行にあたっては、直接出版費の一部として、独立行政法人日本学術振興会平成二五年度科学研究費補助金研究成果公開促進費)の交付を受けている。

呉座勇一『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)p355

 呉座氏の博論のご審査をご担当されたのは……日本中世史・対外関係史がご専門の村井章介氏。同じく日本中世史がご専門の東京大学史料編纂所教授の榎原雅治氏。同様に、日本中世史の研究者にして神奈川大学国際日本学部歴史民俗学科教授の久留島典子氏。東京大学大学院総合文化研究科教授の桜井英治氏。西洋史学者の深沢克己氏と、これまた亀田センセイの博論のご審査のご担当者の方々にも引けを取らない、まさにレジェンド級のオールスターと言っても過言では無い錚々たるお歴々です。恐縮ながら、自分など、お名前を目にしただけで、思わず唸ったものでした。

 中でも、主査をご担当された村井氏は、呉座氏ご本人の大学時代の指導教員のお方でもあり、呉座氏は村井氏の弟子、門下生であることを自認しておられるようです。このことは、下記のリンク先にて、呉座氏が恩師たる村井氏の著作『増補 中世日本の内と外』(ちくま学芸文庫)を紹介する際にも触れていました。

※以下のリンク先などは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

www.asahi.com

www.chikumashobo.co.jp

 大学での私の指導教員は村井章介先生だった。村井先生のご研究は多岐にわたるが、最大の研究テーマは東アジア海域の文化交流史であろう。私の専門は一揆研究なので、あまり村井先生の弟子と認知されていないように感じる。

『(呉座勇一の交流の歴史学 ブックガイド編)村井章介 中世シナ海域、倭人の割拠』

 ……このような満天の夜空に輝く、大スターの先生方からも直々にご指導ご鞭撻のほどを乞う栄誉に浴することができるなど、呉座氏のような生まれも育ちも毛並みのいい、神の子として祝福された選ばれし生粋のエリートでなければ無理なのでしょう。翻って、自分のような路傍の石ころ、もとい地を這うドブネズミとでは、雲泥の差……否、比較するのも失礼です。申し訳ございません。

「周囲からせっつかれて博士論文の公刊を決意した」と断言なさる呉座氏ですが、この頃(2012年)、既にネットを介して知遇を得ていたらしい亀田センセイ=自称「ネット保守」「新保守主義者」「ネット右翼の代表格」のネット論客・HN【はむはむ】の存在も大きかったと推定されます。奇しくも博論が母胎のご高著の刊行では、呉座氏に先んじていたセンセイは、ご自身のご経験を元に有益なご助言をされ、いい意味で発破を掛けておられた可能性もあります。

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

 それを伺わせるものとして「刊行にあたっては、直接出版費の一部として、独立行政法人日本学術振興会平成二五年度科学研究費補助金研究成果公開促進費)の交付を受けている。」と、呉座氏が大著の出版に際し、上記の亀田センセイの代表作と同様の補助金制度をご利用していた点などがあります。無論、偶然に過ぎないと言いますか……そもそも、呉座氏ご本人も同制度をご利用した経験があられるだろう先輩方、指導教員の村井氏などから、ほぼ同様の旨のアドバイスを受けておられた可能性もあります。それ以前に、呉座氏なりに同制度を調べ上げられたのも、充分以上にあり得ることだと思われますが。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

Broken English

Broken English

Amazon

*1:事件直前に山上徹也容疑者から直筆の手紙を受け取るなど、統一協会の問題で本人と交流があったジャーナリストの米本和広氏が、事件後に立ち上げたブログです。

*2:米本和広氏の本ブログです。上記のブログの前からあります。

*3:無論、山上容疑者のツイートなどを額面通りに受け取るのは、大変危険であり、慎重に扱う必要がありますが。

*4:呉座勇一『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)「あとがき」の該当頁は、p355~p359です。