亀田俊和検証委員会

歴史学者・亀田俊和、呉座勇一氏らの『歴史の真実』の他、日本史界隈、本邦のアカデミズムの闇などを検証しているブログです。

ゲスの本懐ー亀田俊和氏と平山優氏と~遭逢篇~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.dailyshincho.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

gendai.media

www.excite.co.jp

business.nikkei.com

www.bengo4.com

www.bengo4.com

・当ブログへのご意見、ご感想及び情報提供などにつきましては、下記のメールアドレスまでご連絡下さい。場合によっては、謝礼等も前向きに検討致しますので、宜しくお願い申し上げます。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

鷲尾拓さんのツイートにも関連し、下記のお方が、亀田センセイの裏の顔=自称「ネット保守」「新保守主義者」「ネット右翼の代表格」のネット論客・HN【はむはむ】などの思い出について、語っておられました。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

 尚、鷲尾さんのご証言などによると、上記のツイートにもあった「プロ市民~」云々のコミュニティの名称ですが、正確には「プロ市民 略称:野鳥の会」であり、現在もmixiにて確認できます。とはいえ、亀田センセイご本人mixiを退会した*1等の影響なのかは不明ですが、何年も前から過疎状態で、文字通り閑古鳥が鳴いているようですが。

※以下のコミュニティなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

mixi.jp

 今回、鷲尾さんやヤッコたんさん以外にも院生時代の亀田センセイをご存知だったらしいお方から、貴重なご証言が得られたことにもなり、またとない僥倖でした。センセイがネット論客・HN【はむはむ】として、mixiでも縦横無尽にご活躍しておられた裏付けにもなります。

 恐縮ながら、当時の亀田センセイのご趣味が、バードウォッチングならぬ「人間観察(マン・ウォッチング)」であったと仮定した場合……拙ブログなどで、ご自身が観察対象となっても、ご納得頂けるかと存じ上げますが。

・勤務先のご指示(?)で、ジェンダーフェミニズムなどのカウンセリングを受講しておられたという呉座勇一氏。効果はそれなりにあったらしく、呉座氏ご本人も引き続き受講を希望しておられるようですが……。

※以下のブログなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

ygoza.hatenablog.com

ygoza.hatenablog.com

ygoza.hatenablog.com

ygoza.hatenablog.com

togetter.com

min.togetter.com

togetter.com

 呉座氏がカウンセリングを続ける、続けないはご本人のご自由だと思いますが……遺憾ながら、自分としては、その効果などについて懐疑的というか、半信半疑にならざるを得ません。何度でも言いますが、人間、いい意味で簡単に変われるならば、苦労は要りませんので。

 もとより、個人的には、呉座氏を信じて上げたい気持ちも多々あります。しかし、呉座氏をアンチフェミニズムミソジニーの「殉教者」として祀り上げたい、一部の信者・信奉者たちから「ユダ!」などと言わんばかりに、背後から喉笛を喰いちぎられないか。幾ら呉座氏が本邦の日本史界隈に降臨した「神の子」とはいえ、心配になってきます。自分の杞憂に終われば、良いのですが。

 いずれにせよ、この「試練」を全て自力で乗り越えられるかが、歴史学者・呉座勇一氏の課題だと思われます。

 ところで、例の「『歴史評論』編集部への公開質問状」は、どうなったのでしょうか。本日(2022年10月1日)で回答期限を過ぎたのでは……?

 

・山上徹也容疑者と呉座勇一氏。共に就職氷河期世代の出身という、同世代でありながら、全く対照的な半生を送って来た二人の「鏡」に映った自画像。

 図らずも、二人の背後に映っていたのは……いつしか、本邦のネット空間の隅々にまで根を下ろすようになった、アンチフェミニズムミソジニーの見えざる醜悪な触手!?

 同じ氷河期世代だけでなく、ネット論客・HN【はむはむ】として「フェミニストどもを土下座させて謝らせた!」などと公言しておられた亀田センセイも、盟友(?)の呉座氏に……いえ、何でもありません。失礼致しました。

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※時系列がバラバラで恐縮ながら、山上徹也容疑者が呉座騒動時、それ以後に連発していた呉座勇一氏関連のツイートのスクショです。同容疑者が、加害者の呉座氏の擁護に血道を上げる一方、被害者の北村紗衣氏、特にオープンレターに対して極めて批判的だったらしい事実などが確認できます。フェミニストを毛嫌いしていた理由などは不明ですが、アンチフェミニスト・ミソジニストであったと仮定すると、事の是非はともかく、一定の説明が付くと考えられます。

gendai.media

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

ジェンダーのところに呉座さんの名前が・・・

2022/08/12 11:56

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

頻出固有名詞が安倍、石破、バイデン、天皇、呉座、ホリエモン。なにかに囚われてる感はあるわな。

2022/08/12 12:53

b.hatena.ne.jp

togetter.com

archive.ph

anond.hatelabo.jp

togetter.com

※断定はできませんが、報道などによると、山上容疑者が安倍元首相暗殺の決行直前に、ネット上で交流のあったジャーナリストの米本和広氏に宛て、投函した手紙の文面だそうです。言うまでもなく、内容を鵜吞みにするのは、大変危険でしょうが。

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年9月8日号)p133の画像です。記事の全文は、下記の「統一教会北朝鮮に献上した5000億円 文鮮明金日成に「お兄さんになって」」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。統一協会北朝鮮と懇意で、巨額の経済支援なども行っており、その原資の大半は日本人の信者から搾り取ったお金であることは多くの識者が指摘しておりますが、これは……!?

bunshun.jp

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。

yone56563.blog.fc2.com*2

www.stopreikan.com

togetter.com


www.youtube.com

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

dot.asahi.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

bunshun.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

www.news-postseven.com

www.news-postseven.com

gendai.media

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

friday.kodansha.co.jp

smart-flash.jp

www.asahi.com

www.asahi.com

www.tokyo-np.co.jp

www.tokyo-np.co.jp

www.tokyo-np.co.jp

www.tokyo-np.co.jp

www.chunichi.co.jp

www.nishinippon.co.jp

nordot.app

www.sponichi.co.jp

news.yahoo.co.jp

www.nikkan-gendai.com

www.nikkan-gendai.com

www.nikkan-gendai.com

www.nikkan-gendai.com

toyokeizai.net

www.bengo4.com

www.bengo4.com

www.bengo4.com

www.newsweekjapan.jp

www.newsweekjapan.jp

www.newsweekjapan.jp

note.com

togetter.com

 上記のnoteでも「第1回・安倍晋三壺祭り」などと辛辣に評されていましたが、安倍氏国葬は、ネトウヨから新左翼までオールスター勢揃いであり、良い意味でも悪い意味でも大盛況だったようです。近年は、ご無沙汰気味の極左テロリスト集団・革マル派なども表舞台に出て来たそうで、自分も仕事を休んで見物にでも行けば良かった……などと不謹慎なことをつい考えてしまいました。

 

ツイッターと著作から読み解く、亀田俊和氏と平山優氏、その出会いの経緯など

 ご存知のお方も多いでしょうが、亀田センセイは、戦国武田氏研究の第一人者たる歴史学者平山優氏からも、ご厚誼を賜っておられます。同じ日本中世史の研究者とはいえ、厳密には亀田センセイと平山氏では、専門分野というか、守備範囲がやや異なると考えられますが*3……同業者として、大先輩の平山氏から、色々と学ばれることもあるでしょう。

 では、亀田センセイは具体的に、何時頃から、如何なる経緯などで平山氏の知遇を得たのか?自分の観測範囲で恐縮ながら……平山氏が亀田センセイのご高著『南朝の真実 忠臣という幻想』(歴史文化ライブラリー378 吉川弘文館)を購読されたことがきっかけだったと推定されます。時期的には、2014年7月頃であり、奇しくも平山氏の著作『検証 長篠合戦』(歴史文化ライブラリー382)が刊行された前後でした。

kensyoiinkai.hatenablog.com

www.yoshikawa-k.co.jp

www.yoshikawa-k.co.jp

※以下のツイートなどは、ご参考までに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

 その後、お二人は亀田センセイが、ご高著『高一族と南北朝内乱 室町幕府草創の立役者』(中世武士選書32巻、戎光祥出版)の取材などで2015年頃*4山梨県を訪れた際、リアルでも対面なされ、酒を酌み交わしたそうです。口幅ったい言い方で恐縮ながら、「男の子同士」、仲良きことは美しき哉、だと存じ上げます。鮭缶氏といい、男子の友情とは、つくづく尊いものですねえ。

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考までに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

 尚、上記の事実については、亀田センセイご自身も『高一族と南北朝内乱 室町幕府草創の立役者』(中世武士選書32巻、戎光祥出版)の「あとがき」で簡単に触れております。

 さらに、日本中世史研究者の木下聡氏に、主に室町~戦国期の高一族について、多数の史料をご教示いただき、一層充実した内容となった。高師冬の章に掲載した甲斐国須沢城の写真は、戦国史研究者の平山優氏にご案内いただき、撮影したものである。真如寺御住職江上正道氏には、通常非公開の高師直位牌等の撮影・掲載等をご快諾いただいた。木下・平山・江上三氏に、この場を借りて篤く御礼申し上げたい。こうした御厚意や幸運によって、本書は従来とはひと味違う、異色の南北朝の歴史書となったと自負している。

亀田俊和『高一族と南北朝内乱 室町幕府草創の立役者』(中世武士選書32巻、戎光祥出版)「あとがき」p254~255

 ……言うまでもなく、これ以前にも亀田センセイと平山氏は各種イベント、学会などで面識があった可能性も捨て切れませんが。次回以降、さらに掘り下げて検証するつもりです。宜しくお願い申し上げます。

 


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

*1:断定はできませんが、亀田センセイはブログと並行してmixiアカウントも削除していた可能性が高く、時期的には2016年3月前後かと推定されます。

*2:山上徹也容疑者が、事件直前に上記の手紙を宛てたジャーナリストの米本和広氏のブログから。『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p35に掲載された米本氏ご本人のインタビュー記事「山上が手紙を送ったジャーナリストは何者か」が転載されており、実質無料で全文読めます。ご興味あるお方は、自己責任でご一読下さい。

*3:言うまでもなく、亀田センセイの専門は主に室町幕府初期、南北朝時代などです。中世史のみならず、近世史なども幅広く手掛けておられる平山氏とは、専門とする時代や制度などが重複していない部分も多々あります。

*4:亀田俊和『高一族と南北朝内乱 室町幕府草創の立役者 』(中世武士選書 第32巻、戎光祥出版)の「あとがき」末尾p256にある「平成27年10月28日」の記述などから類推して。