亀田俊和検証委員会

歴史学者・亀田俊和、呉座勇一氏らの『歴史の真実』の他、日本史界隈、本邦のアカデミズムの闇などを検証しているブログです。

Broken Japanese History/歴史学者、半生をかく語りきー亀田俊和氏と呉座勇一氏と~秘史篇・中(甲)~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

女性蔑視投稿で炎上の呉座勇一氏 知人は「彼は食事中もスマホを手放さないSNS中毒」 | デイリー新潮

「匿名で悪口スクショが続々と…」呉座勇一氏“中傷投稿”問題、渦中の北村紗衣氏が語る顛末 | 文春オンライン

自分を責める気持ちが湧いてきて…呉座勇一氏“中傷投稿”問題、北村紗衣氏が語る「二次加害の重み」 | 文春オンライン

知識人「言論男社会」の深すぎる闇…「呉座勇一事件」の背景にあったもの(後藤 和智) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

令和三年・呉座の乱:ロマン優光連載183 (2021年3月26日) - エキサイトニュース

ベストセラー『応仁の乱』呉座勇一さんを名古屋大教授らが提訴 「オープンレターを削除する義務ない」 - 弁護士ドットコム

武蔵大准教授の北村紗衣氏、甲南大非常勤講師を提訴 「ツイッターで名誉毀損された」 - 弁護士ドットコム

・当ブログへのご意見・ご感想などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

・ご存知のお方も多いでしょうが、呉座勇一氏は2019年11月前後に、華燭の典を挙げられております。お相手は、新進気鋭の日本画家である松平莉奈氏でありました。推定ですが、お二人の馴れ初めは、2017年2月頃、呉座氏の勤務先である日文研の館内だった模様です。

※以下のリンク先などは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

togetter.com

 後年の呉座騒動において、加害者の呉座氏をここぞとばかりに擁護しながら、被害者の北村紗衣氏にも言及していた東大先端教授の玉井克哉氏*1からも、実に心のこもった祝福を受けていた松平氏。傍目にも、まんざらでも無いご様子でした。偶然って、怖いですねえ。

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※上記の墨東公安委員会さんのツイートに添付されていた呉座氏のツイート(2020年10月1日頃)のアーカイブのスクショです。呉座氏のご意見に、玉井氏が賛同のリプライをするなど、当時から両者は一定の交流があったことが伺えます。

 この場をお借りして、自分も大変遅ればせながら、ご成婚、おめでとうございました!……などと、申し上げたいところですが、呉座騒動後、一つだけずっと気になっていたことがあります。

 呉座氏と松平氏のお二人は、2017年2月9日頃に初めてお知り合い、ツイッターも相互フォローされたようです。それから約2年半後に、縁を結ばれたということになりますが……。単純計算、当然のことながら、松平氏は2021年3月頃に勃発した一連の呉座騒動も一部始終、リアルタイムで目の当たりにしていた可能性があります。それも、他ならぬ元凶だった呉座氏の伴侶として、間近で。まさかとは思いますが、全くご存知無かった、とは思えませんが。

 もとより、誤解されると困りますが、自分としては咎めているつもりは毛頭ございません。正直なところ、当時、ツイッターでは鍵垢だった呉座氏をフォローしていた、又は相互フォローしていた方々の、非や責任を何処まで問えるのかなどは、道義的にも社会的にも難題だと考えております。無論、現在進行形の差別やイジメなどを黙って傍観していた、見て見ぬふりしていた場合、同罪というか、潜在的な共犯者になってしまう危険性があるとはいえ。

 呉座氏と相互フォローだったというお方にしても、呉座氏とは直接の面識、接点等が殆ど無かった。あったとしても、お仕事の都合やライフスタイル、ツイッターなどの利用頻度や時間帯が異なるなどで、呉座氏ご本人のアカウントを特に意識していなかった。そもそも、ツイートそのものを目にする機会も少なかった。そうした方々も多かった一面もあると思われます。

 しかし、呉座氏ご本人と極めて近しい方々で、ツイッターでも相互フォローしておられた方々。特に奥方の松平氏や親友(?)の亀田センセイなどには「人斬り呉座」「人斬り呉座抜刀斎」などの異名も持った呉座氏の鍵垢ツイッターでの一騎当千のご活躍ぶりを誰よりも間近で目撃し、交流もあった以上、最低限の説明責任があるかと存じ上げます。非礼を百も承知で、です。

※以下のnoteなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

note.com

 呉座・松平のご両名、亀田センセイを始めとする天才中の大天才、至高のエリートたる呉座界隈の方々とは対照的に……。路地裏で残飯でも漁っている野良犬のような存在の自分は、ネットの片隅でずっと考えておりました。ほとぼりが冷めたら、きっと「大人」として「社会人」としての責務を松平氏や亀田センセイは、きっと果たして下さるだろうと。恐縮ながら、誠に勝手ではございますが。

 神々に選ばれし選良たる呉座・松平両氏のご夫妻や亀田センセイとは比較にならない程、卑小で浅学非才を絵に描いたような自分は、一日千秋の想いで、その時をずっとお待ちしておりました。しかし、遺憾ながら、松平氏や亀田センセイの動向をつぶさに観察しておりますと……呉座騒動などが時の流れで風化することを、両者は密かに待っておられるような感さえあります。いや、断じてそうでは無いと、自分は今でも信じたいところです。

 差し支えが無ければ、「係争中の事案につき、お答えできません」「ノーコメント」など、一言でも宜しいですから、公の場で明言して下さるとまだマシなのですが……。

・当ブログでも、引き続き俎上に上げている安倍晋三元首相暗殺事件。事件発生から一ヶ月以上経った現在も尚、同事件を機に白日の下に晒された統一協会と政界との癒着の問題などで、沈静化の兆しは一向に見えていないようです。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

 念のために、繰り返し申し上げますが、自分としては、安倍元首相暗殺という山上徹也容疑者の犯行は完全否定されるべきものだと考えております。理由はどうであれ、です。間違っても、あの暴挙を1ミクロンでも肯定した瞬間、それこそ戦前の暗黒時代に逆戻りでしょう。

 民主主義社会で「暴力肯定」の論理が罷り通るようでは……政治家や要人などを狙ったテロや暗殺が頻発し、男子普通選挙*2に基づいた政党政治が崩壊。破滅の坂道を転がり落ちた本邦の負の歴史などが、また繰り返される危険性も充分以上にあるかと思います。

 実際、この事件の当初、自分が咄嗟に連想したのは……不謹慎ながら、戦前の血盟団事件でしたが。狂信的な日蓮宗*3の僧侶だった井上日召が盟主の右翼テロリスト集団「血盟団」は、「一人一殺」などをスローガンに掲げて、一説では「法華経」を唱えながら、団員たちは要人暗殺に狂奔したそうです。

 動機さえ正しければ、何をやっても許される。何てことは絶対に有り得ませんので。

※以下のwikiなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

ja.wikipedia.org

bunshun.jp

togetter.com

archive.ph

anond.hatelabo.jp

togetter.com

※断定はできませんが、報道などによると、山上容疑者が安倍元首相暗殺の決行直前に、ネット上で交流のあったジャーナリストの米本和広氏に宛て、投函した手紙の文面だそうです。言うまでもなく、内容を鵜吞みにするのは、大変危険でしょうが。

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。

yone56563.blog.fc2.com*4


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

gendai.media

bunshun.jp

bunshun.jp

www.yomiuri.co.jp

news.tv-asahi.co.jp

www.asahi.com

www.asahi.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

smart-flash.jp

smart-flash.jp

gendai.media

gendai.media

jisin.jp

bunshun.jp

bunshun.jpnews.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

jbpress.ismedia.jp

jbpress.ismedia.jp

jbpress.ismedia.jp

jbpress.ismedia.jp

jbpress.ismedia.jp

nikkan-spa.jp

www.tokyo-np.co.jp

www.yomiuri.co.jp

www.yomiuri.co.jp

 そうした中、成蹊大学文学部現代社会学科教授の伊藤昌亮氏が、講談社系の『現代ビジネス』において、安倍元首相暗殺事件を引き起こした山上徹也容疑者のツイートを定性的・定量的な手法で分析した論考を発表しております。

 その中で、伊藤氏は[ジェンダー]をテーマにした分析及びカテゴライズにて、呉座氏の名字である「呉座」をキーワードの一つに挙げておられました。

 因みに、この論考自体は、『ポリタスTV』(8月2日放送回)の特番の文字起こし、或いはそれを原型としたものだと考えられます*5

※以下のリンク先などは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

gendai.media

次に2番目に言及度が高いテーマ、[ジェンダー]を見てみよう。このテーマは[格差社会]との関連度が高く、また、憎悪度もかなり高い。

このテーマに関わる語で「女」などの一般的な語に次いで出現度が高いのは、「インセル」(「非モテ」を表す英語圏スラング)「呉座」「フェミニズム」「フェミニスト」などだ。これらの語を多用しながら彼は、いわゆる弱者男性論を展開し、フェミニズムを強く批判している。

つまりフェミニズムは男性を強者だと決め付け、その加害者性を問題にしているが、しかし男性の中にも弱者はいる。それどころか、誰にも助けてもらえない弱者男性は女性以上に弱者であり、「真の弱者」だ。それなのになぜそうした者まで責められなければならないのか、という考え方だ。

こうした考え方もまた昨今のネット右派に特有のものだが、しかし彼の場合には、やはり統一教会に起因する独特の事情がある。

伊藤昌亮「山上徹也容疑者の全ツイートの内容分析から見えた、その孤独な政治的世界」(『現代ビジネス』)

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

ジェンダーのところに呉座さんの名前が・・・

2022/08/12 11:56

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

頻出固有名詞が安倍、石破、バイデン、天皇、呉座、ホリエモン。なにかに囚われてる感はあるわな。

2022/08/12 12:53

b.hatena.ne.jp

 ……専門家の目から見ても、呉座氏のツイートと呉座騒動などが、山上容疑者に何らかの影響を与えていた可能性は明々白々であるようです。ネット上でも上記の伊藤氏の論考で「呉座」が、「反フェミニズム、そしてミソジニー女性嫌悪・女性蔑視)」のキーワードで語られていることに、驚愕というか、ある種の困惑を禁じ得ない反応が見られました。

 口幅ったい言い方で恐縮ですが、この記事を読んだ(可能性がある)呉座氏ご本人の、ご心中をお察し申し上げます。蛇足ながら、自称「ネット保守」「新保守主義者」「ネット右翼の代表格」のネット論客・HN【はむはむ】としての裏の顔を持っていた亀田センセイも。そして……呉座氏の伴侶たる松平氏の胸中や如何に?

kensyoiinkai.hatenablog.com

(※へと続きます)*6


www.youtube.com


www.youtube.com

Broken English

Broken English

Amazon

*1:軽井沢デイドリームー呉座勇一氏のもう一つの所属先「信州大学社会基盤研究センター」の謎を追う~その壱~ - 亀田俊和検証委員会

*2:但し、悪名高い治安維持法の成立と事実上の抱き合わせでしたが。

*3:もとより、日蓮宗自体は、断じてカルトでは無く、ごく真っ当な宗教だと思います。第一、血盟団事件は、90年前の事件です。同事件を以て、日蓮宗日蓮宗の信徒の方々に、あらぬ誤解や偏見を抱かないよう、お願い申し上げます。

*4:山上徹也容疑者が、事件直前に上記の手紙を宛てたジャーナリストの米本和広氏のブログから。『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p35に掲載された米本氏ご本人のインタビュー記事「山上が手紙を送ったジャーナリストは何者か」が転載されており、実質無料で全文読めます。ご興味あるお方は、自己責任でご一読下さい。

*5:伊藤昌亮/Masaaki ITO on Twitter: "先日のお話を現代ビジネスにまとめました。「山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、そのねじれた政治思想―ネトウヨになりきれなかったネトウヨ」。津田さんとのお話、そして多くの方々からのリアクションがとても参考になりました。ありがとうございました。https://t.co/uGnGXX0Gv1" / Twitter

*6:エントリーの字数制限などもあり、今回は甲乙で分割させて頂きます。ご迷惑をお掛けしますが、悪しからず、ご了承下さい。