亀田俊和検証委員会

歴史学者・亀田俊和、呉座勇一氏らの『歴史の真実』の他、日本史界隈、本邦のアカデミズムの闇などを検証しているブログです。

地獄に堕ちた賢者どもー呉座勇一氏と夏の終わりの打ち上げ花火……?

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.dailyshincho.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

gendai.media

www.excite.co.jp

www.bengo4.com

www.bengo4.com

・当ブログへのご意見、ご感想、及び情報提供などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。場合によっては、謝礼等も前向きに検討致しますので、宜しくお願い申し上げます。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

・片や本邦の戦後史……否、日本史、ひいては人類史にも永遠に悪名を轟かせるだろう、安倍元首相暗殺事件の愚行に及んだ山上徹也容疑者。此方、数多の奇跡的な「実績」を上げ続けている、日本史界隈の光輝なる天才歴史学者・呉座勇一氏。

 本来は、別々の人生を送る筈の二人の運命が交差したのは……皮肉にも、呉座騒動とオープンレターを巡るアンチフェミニズムミソジニーに満ち満ちた日本史界隈のトラブルでした。それなどもあり、当ブログでは非礼を百も承知で、執拗に取り上げております。kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※時系列がバラバラで恐縮ながら、山上徹也容疑者が呉座騒動時、それ以後に連発していた呉座勇一氏関連のツイートのスクショです。同容疑者が、加害者の呉座氏の擁護に血道を上げる一方、被害者の北村紗衣氏、特にオープンレターに対して極めて批判的だったらしい事実などが確認できます。フェミニストを毛嫌いしていた理由などは不明ですが、アンチフェミニスト・ミソジニストであったと仮定すると、事の是非はともかく、一定の説明が付くと考えられます。

gendai.media

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

ジェンダーのところに呉座さんの名前が・・・

2022/08/12 11:56

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

頻出固有名詞が安倍、石破、バイデン、天皇、呉座、ホリエモン。なにかに囚われてる感はあるわな。

2022/08/12 12:53

b.hatena.ne.jp

togetter.com

archive.ph

anond.hatelabo.jp

togetter.com

※断定はできませんが、報道などによると、山上容疑者が安倍元首相暗殺の決行直前に、ネット上で交流のあったジャーナリストの米本和広氏に宛て、投函した手紙の文面だそうです。言うまでもなく、内容を鵜吞みにするのは、大変危険でしょうが。

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。

yone56563.blog.fc2.com*1

www.stopreikan.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

www.news-postseven.com

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

toyokeizai.net

blog.goo.ne.jp

gendai.media

 個人的には、全くの偶然なのでしょうが、今回の事件を分析する過程で、戦前の血盟団事件を引き合いに出していた上記の現代ビジネスの論考『山上容疑者が安部元首相を狙った「本当の意味」が、テロリズム分析から見えてきた』(真鍋厚)が印象的でした。

 

●呉座勇一氏に向けられた心強い援護射撃……!?

 ここ最近はお元気そうで、一時期の沈滞ぶりからも脱しつつあるような呉座勇一氏ですが……。ツイッター界では、中東学者の猛者・池内恵氏に続けとばかりに、純度100%の「善意」で呉座氏の後方から対戦車ミサイル・ジャベリンを次々と撃ち込む勇者たちが、相次いでおりました。


www.youtube.com


www.youtube.com

※以下のまとめなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

togetter.com

呉座勇一先生による「女性」や「他者」への発言・批判集(※アーカイブ)

※上記のyuukiさんのツイートに添付されていた、呉座勇一氏の熱心な「信者」でもある弁護士の高橋雄一郎氏のツイート(2021年12月28日)のスクショです。尚、加藤陽子氏云々のツイートは、後に高橋氏ご本人が削除した模様です。

※上記の미 현(みひょん)さんのツイートに添付されていた、呉座勇一のツイートのスクショです。尚、これらのツイートは、後に呉座氏ご本人によって削除された模様です。

※同様に、上記の미 현(みひょん)さんのツイートに添付されていた、呉座勇一のリツイートのスクショです。尚、このリツイートも、後に呉座氏ご本人によって削除された模様です。

※上記の미 현(みひょん)さんのツイートに添付されていた、呉座勇一のツイートのスクショです。尚、これらのツイートも、後に呉座氏ご本人によって削除された模様です。

 ……呉座氏の信者、取り巻きの方々が「呉座先生の仇討ちだ!」と言わんばかりに、芸術的センスに裏打ちされたフレンドリーファイアの数々をご披露して下さいました!その殉教者さながらの献身的な自己犠牲の精神こそ……本邦の日本史界隈の生きる神話、「神の子」から現人神にクラスチェンジし、人々の信仰を一身に集める天才歴史家・呉座勇一氏の神通力であると、改めて痛感させてくれます。嗚呼、皆様方に神のご加護があらんことを!!

 余談ながら、ご存知の方も多いでしょうが……加藤陽子氏とは、東京大学大学院人文社会系研究科教授で、日本近現代史を専門とする歴史学者の重鎮です。史学会の理事なども歴任されており、ベストセラーにもなった名著『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社、後に新潮文庫)の著者でも知られています。近年は、日本学術会議の任命事件で、賛否両論の物議を醸したこともありました。

 呉座氏も、今や大御所の加藤氏よりも格上として熱狂的に崇拝されるなど、恩師の村井章介氏や先輩方、同期の方々。そして、大親友(?)たる亀田センセイの薫陶を賜った成果でしょう!この場をお借りして、おめでとうございます!!


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

地獄に堕ちた野郎ども(字幕版)

地獄に堕ちた野郎ども(字幕版)

  • キャプテン・センシブル
Amazon

*1:山上徹也容疑者が、事件直前に上記の手紙を宛てたジャーナリストの米本和広氏のブログから。『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p35に掲載された米本氏ご本人のインタビュー記事「山上が手紙を送ったジャーナリストは何者か」が転載されており、実質無料で全文読めます。ご興味あるお方は、自己責任でご一読下さい。

Broken Japanese History/歴史学者、半生をかく語りきー亀田俊和氏と呉座勇一氏と~続・番外篇~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

女性蔑視投稿で炎上の呉座勇一氏 知人は「彼は食事中もスマホを手放さないSNS中毒」 | デイリー新潮

「匿名で悪口スクショが続々と…」呉座勇一氏“中傷投稿”問題、渦中の北村紗衣氏が語る顛末 | 文春オンライン

自分を責める気持ちが湧いてきて…呉座勇一氏“中傷投稿”問題、北村紗衣氏が語る「二次加害の重み」 | 文春オンライン

知識人「言論男社会」の深すぎる闇…「呉座勇一事件」の背景にあったもの(後藤 和智) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

令和三年・呉座の乱:ロマン優光連載183 (2021年3月26日) - エキサイトニュース

ベストセラー『応仁の乱』呉座勇一さんを名古屋大教授らが提訴 「オープンレターを削除する義務ない」 - 弁護士ドットコム

武蔵大准教授の北村紗衣氏、甲南大非常勤講師を提訴 「ツイッターで名誉毀損された」 - 弁護士ドットコム

・当ブログへのご意見、ご感想、及び情報提供などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。場合によっては、謝礼等も前向きに検討致しますので、宜しくお願い申し上げます。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

・亀田センセイのリサーチマップが更新され、台湾にて本年6月30日頃に刊行された『南北朝期室町幕府をめぐる諸問題』(國立臺灣大學出版中心)の情報が確認できます。「南北朝動乱の意義―日本社会をどう変えたか―」の記事を寄稿した、上島享氏らの編著『論点・日本史学』(ミネルヴァ書房)の情報も同様です。

researchmap.jp


・論壇チャンネル「ことのは」への二度目のゲスト出演、『週刊SPA!』での新連載など、ここ最近の呉座勇一氏は意気軒昂なご様子でした。特に後者については、偶然、発売日*1に掲載誌を購読していた自分などにとっては、いい意味でのサプライズだった記憶があります。

※以下のブログなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

ygoza.hatenablog.com

ygoza.hatenablog.com

togetter.com

 一方、ツイッターでは……例のアラビスト・池内恵氏が、またぞろ全盛期の亀田センセイ=自称「ネット保守」「新保守主義者」「ネット右翼の代表格」のネット論客・HN【はむはむ】をも彷彿とさせる、「最強伝説・池内恵」を更新しておられたようです。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のまとめなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

togetter.com

togetter.com

togetter.com

togetter.com

※亀田センセイが北村紗衣氏に言及していたツイートのスクショです。真意は不明ですが、池内恵氏がここぞとばかりに「いいね!」をしていたのが確認できます。尚、このツイートは後に亀田センセイご本人が密かに削除なされました。

※オッカム氏のツイート(2022年8月23日08:46)のスクショです。尚、このツイートは後にオッカム氏ご本人によって削除された模様です。

 ……亀田センセイも、東大先端研教授にしてアラブ研究の大家たる池内恵氏に「義侠心から助太刀」されて、さぞかし心強かったと思われます。まさに、池内氏はセンセイにとって、かけがえのない恩人ですね!同様に、呉座氏も恩義を感じられておられる可能性があります。ツイッター界の大スター学者たる池内氏ご本人から直々に擁護されるなど、何たる僥倖でしょうか!流石は、本邦の日本史界隈の二大若手ホープです!自分も池内氏の細やかなお心遣いに、感激致しました!!この場をお借りして、御礼申し上げます。

安倍晋三元首相暗殺事件と山上徹也容疑者。そして……山上容疑者にご本業ではなく、アンチフェミニスト・ミソジニスト(?)として、少なからぬ影響を与えてしまった可能性がある呉座勇一氏。結果的に、同事件を発端として「30年の空白」から解き放たれた統一協会を巡る問題は、まだまだ継続中です。しつこいようで、大変恐縮ではございますが。kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※時系列がバラバラで恐縮ながら、山上徹也容疑者が呉座騒動時、それ以後に連発していた呉座勇一氏関連のツイートのスクショです。同容疑者が、加害者の呉座氏の擁護に血道を上げる一方、被害者の北村紗衣氏、特にオープンレターに対して極めて批判的だったらしい事実などが確認できます。フェミニストを毛嫌いしていた理由などは不明ですが、アンチフェミニスト・ミソジニストであったと仮定すると、事の是非はともかく、一定の説明が付くと考えられます。

gendai.media

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

ジェンダーのところに呉座さんの名前が・・・

2022/08/12 11:56

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

頻出固有名詞が安倍、石破、バイデン、天皇、呉座、ホリエモン。なにかに囚われてる感はあるわな。

2022/08/12 12:53

b.hatena.ne.jp

togetter.com

archive.ph

anond.hatelabo.jp

togetter.com

※断定はできませんが、報道などによると、山上容疑者が安倍元首相暗殺の決行直前に、ネット上で交流のあったジャーナリストの米本和広氏に宛て、投函した手紙の文面だそうです。言うまでもなく、内容を鵜吞みにするのは、大変危険でしょうが。

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。

yone56563.blog.fc2.com*2

www.stopreikan.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

dot.asahi.com

dot.asahi.com

www.news-postseven.com

www.news-postseven.com

gendai.media

gendai.media

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

smart-flash.jp

smart-flash.jp

smart-flash.jp

jbpress.ismedia.jp

www.excite.co.jp

www.yomiuri.co.jp

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

webronza.asahi.com

www.nikkei.com

www.nikkansports.com

www.tokyo-np.co.jp

www.jiji.com

www.jiji.com

kahoku.news

www.nikkan-gendai.com

www.nikkan-gendai.com

www.nikkan-gendai.com

nlab.itmedia.co.jp

nobuyoyagi.blog16.fc2.com

※5ちゃんねるに落ちていた拾い物です。現時点(2022年8月28日)での山上容疑者への差し入れに関する情報の概要が、ほぼ正確にまとめられていました。念のために申し上げますが、くれぐれも悪戯や嫌がらせなどには悪用しないで下さい。宜しくお願い申し上げます。

 上記のまとめだけでなく、自分もざっと一通り調べてみましたが……書籍などの差し入れは、制限付きで可能なようです。先方にとって、ご迷惑の可能性もありますが、まずは呉座氏の『応仁の乱』(中公新書)を送ることなど、慎重に検討してみましょうか。あちらが既読でしたら、恐縮ですが。

 僭越ながら、自分としては歴史学者・呉座勇一」としての呉座氏の等身大の実像を、そのご本業などについても、出来れば正確に理解して頂きたいとも考えておりますので。あ、亀田センセイの『観応の擾乱』(同)などもいいですね。二冊ともコンパクトな新書ですから、比較的お手軽に読めるでしょう。センセイの本については、呉座氏の刎頚の友(?)のご高著ですよ、と言わんばかりに薦めるのも。

 呉座界隈の方々では……そうだ!呉座氏の恩師である村井章介氏の代表作なども……リストアップしてみる価値はありそうです。呉座氏ご本人も、村井氏の愛弟子として鼻が高いかと存じ上げますが。亀田センセイの指導教員の方々も、同様に検討事項ですね。はい。

 

亀田俊和氏、自著の「あとがき」にて半生を語る~その弐~

 (前回のエントリーからの続き)既出ですが、亀田センセイは台湾大学日本語文学系に語学教員(助理教授)として赴任するまでは、公的には「京都大学文学部非常勤講師」の肩書きを名乗っておられました。このことはwikiの他、各著作の「著者紹介」などでもほぼ同様でした。

 ところが、処女作にして代表作の『室町幕府管領施行システムの研究』においては、リサーチマップにもある、以下の「兵庫大学兼任教育職員」*3の肩書きも明記されているのです。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

◎著者紹介◎

亀田 俊和(かめだ・としたか)

1973年 秋田県生。

2003年 京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。

京都大学博士(文学)。

日本学術振興会特別研究員を経て、現在、京都大学非常勤講師、

兵庫大学兼任教育職員。

亀田俊和『室町幕府管領施行システムの研究』(思文閣出版)※奥付

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

 恐縮ながら、自分も亀田センセイの「京大非常勤講師」の肩書きの実態について、少々驚きを禁じ得なかったことなどは何度も書いてきました。他方、それならば、2010年3月~2014年4月まで兼職されておられたという、リサーチマップにもあった「兵庫大学 経済情報学部 兼任教育職員 」の肩書きは一体?センセイが上記の代表作を最後に、この肩書きをご高著で名乗られていないらしいのは……。

 これは自分の勝手な憶測ですが、亀田センセイが名ばかり講師にも関わらず、「京大非常勤講師」の肩書きを誇示されていたのは、同大側へのセンセイなりのあてつけだった可能性もあるのではないでしょうか。裏事情が分かる人には、分かるようにという。

 口幅ったい言い方で恐縮ながら、大学側にもやむを得ない事情が多々あったとはいえ*4、あのような言い訳同然の救済措置では、亀田センセイならずとも、複雑な気分になるのは避けられないと思います。無論、センセイの場合は、個人的にも様々な理由があったと推定されますが……。誠に遺憾ながら、です。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

Broken English

Broken English

  • Annalogic Ltd / Sony S2
Amazon

*1:2022年8月22日(火)。

*2:山上徹也容疑者が、事件直前に上記の手紙を宛てたジャーナリストの米本和広氏のブログから。『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p35に掲載された米本氏ご本人のインタビュー記事「山上が手紙を送ったジャーナリストは何者か」が転載されており、実質無料で全文読めます。ご興味あるお方は、自己責任でご一読下さい。

*3:より正確には「兵庫大学 経済情報学部 兼任教育職員 」です。

*4:もとより、本邦のポスドクオーバードクター問題は京大に限らず、大学界隈では共通の悩みであり、深刻な社会問題の一つでもあると考えますが。

Broken Japanese History/歴史学者、半生をかく語りきー亀田俊和氏と呉座勇一氏と~番外篇~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

女性蔑視投稿で炎上の呉座勇一氏 知人は「彼は食事中もスマホを手放さないSNS中毒」 | デイリー新潮

「匿名で悪口スクショが続々と…」呉座勇一氏“中傷投稿”問題、渦中の北村紗衣氏が語る顛末 | 文春オンライン

自分を責める気持ちが湧いてきて…呉座勇一氏“中傷投稿”問題、北村紗衣氏が語る「二次加害の重み」 | 文春オンライン

知識人「言論男社会」の深すぎる闇…「呉座勇一事件」の背景にあったもの(後藤 和智) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

令和三年・呉座の乱:ロマン優光連載183 (2021年3月26日) - エキサイトニュース

ベストセラー『応仁の乱』呉座勇一さんを名古屋大教授らが提訴 「オープンレターを削除する義務ない」 - 弁護士ドットコム

武蔵大准教授の北村紗衣氏、甲南大非常勤講師を提訴 「ツイッターで名誉毀損された」 - 弁護士ドットコム

・当ブログへのご意見、ご感想、及び情報提供などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。場合によっては、謝礼等も前向きに検討致しますので、宜しくお願い申し上げます。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

・亀田センセイが、メンタルの不調を訴えた北村紗衣氏に言及していた例のツイート*1を、あの今をときめく売れっ子・中東学者(?)の池内恵氏も「いいね!」していた模様です。

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※亀田センセイが北村紗衣氏に言及していたツイートのスクショです。真意は不明ですが、池内恵氏がここぞとばかりに「いいね!」をしていたのが確認できます。尚、このツイートは後に亀田センセイご本人が密かに削除なされました。

 呉座勇一氏同様に、亀田センセイも良き理解者を持ったものだと思われます。百億歩譲って、ブックマーク代わりだったとしても、池内氏ご本人から「いいね!」されて、センセイもさぞかし光栄だったと推定されます。

・遅ればせながら、呉座氏が、今年の5月に上梓された新著『戦国武将、虚像と実像』(角川新書)についてのインタビュー記事を紹介させて頂きます。

「今回調べてみて、改めて司馬さん*2の大衆的歴史観への影響はすごいと思いました」

「司馬さんが徳富*3の影響を強く受けていて、その徳富は帝国主義万歳、植民地万歳みたいなナショナリストだった」

「徳富は戦争協力者として研究されていますが、著作で大衆に与えた影響の研究はエアポケットになっていた。その意味で今回の本は、誰もやっていないことに切り込んだという自負があります」

 ……などと、上記のようにインタビューそのものでは熱く語っていた呉座氏でした。恐らく、この時までは。

※以下のリンク先などは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳はありません。宜しくお願い致します。

ygoza.hatenablog.com

www.okinawatimes.co.jp

www.kadokawa.co.jp

koken-publication.com

bizgate.nikkei.co.jp

※呉座勇一氏のツイート(2020年12月5日01:32)のスクショです。尚、このツイートは呉座騒動後に、呉座氏ご本人によって削除されたようです。

b.hatena.ne.jp

junko-mitsuhashi.blog.ss-blog.jp

※呉座勇一氏のツイートの(2月10日*4)のスクショから。これも、呉座騒動後に、呉座氏ご本人によって削除されたとみられます。

 実際、上記のインタビュー記事に添付されたお写真を拝見した限りでも、呉座氏がお元気そうで何よりでした。しかし、最近の日経BizGateにおける取材記事の同写真などでは、秀麗なるご尊顔にも心労が滲み出ているような気もします。老婆心ながら、ご自愛下さい。

安倍晋三元首相暗殺事件と山上徹也容疑者につきまして。いつもながら、大変恐縮ではございますが……ある意味、呉座氏や亀田センセイなど昨今の日本史界隈が抱える諸問題(?)を考察する上でも避けて通れないと考えておるため、当ブログでは繰り返し取り上げております。kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※時系列がバラバラで恐縮ながら、山上徹也容疑者が呉座騒動時、それ以後に連発していた呉座勇一氏関連のツイートのスクショです。同容疑者が、加害者の呉座氏の擁護に血道を上げる一方、被害者の北村紗衣氏、特にオープンレターに対して極めて批判的だったらしい事実などが確認できます。フェミニストを毛嫌いしていた理由などは不明ですが、アンチフェミニスト・ミソジニストであったと仮定すると、事の是非はともかく、一定の説明が付くと考えられます。

gendai.media

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

ジェンダーのところに呉座さんの名前が・・・

2022/08/12 11:56

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

頻出固有名詞が安倍、石破、バイデン、天皇、呉座、ホリエモン。なにかに囚われてる感はあるわな。

2022/08/12 12:53

b.hatena.ne.jp

togetter.com

archive.ph

anond.hatelabo.jp

togetter.com

※断定はできませんが、報道などによると、山上容疑者が安倍元首相暗殺の決行直前に、ネット上で交流のあったジャーナリストの米本和広氏に宛て、投函した手紙の文面だそうです。言うまでもなく、内容を鵜吞みにするのは、大変危険でしょうが。

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。

yone56563.blog.fc2.com*5

www.stopreikan.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

bunshun.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

dot.asahi.com

smart-flash.jp

www.news-postseven.com

www.news-postseven.com

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

friday.kodansha.co.jp

www.tokyo-np.co.jp

www.tokyo-np.co.jp

www.asahi.com

www.asahi.com

 ……そう言えば、山上容疑者から犯行直前に書簡を送られていたジャーナリストの米本和広氏は、上記の『週刊文春』(2022年8月11日号)p35のインタビューにて、「今後、(山上への)接見はすると思います。本を差し入れてあげようと考えています。」と仰っていました。

 願わくば、自分もダメ元で、山上容疑者サイドに接見等を申し入れてみましょうか。又は、文通なども。十中八九、断られるのがオチでしょうが……山上容疑者が歴史学者云々よりもアンチフェミニスト・ミソジニスト(?)として共鳴していたと推察される呉座勇一氏のことなど、彼のご見解等を改めて伺ってみたくもなってきましたので。もとより、自分は山上容疑者の犯行自体には、1ミクロンも共感致しませんが。何度でも言いますが、あれは唾棄すべき暴挙です。

 仮定の話ながら、本当に山上容疑者への接見が実現した場合、米本氏に倣って呉座氏や亀田センセイなど呉座界隈の方々のご高著などを差し入れするのも、名案かもしれませんね。無論、自分が自腹を切って全て購入しますから、恐縮ではございますが、呉座氏ら界隈の皆様方も「新しい貴重な読者が増えた!」と我が事のように狂喜乱舞して頂けるかと存じ上げます。まあ、受け取りそのものを拒否される可能性大というか、とどのつまり、現時点では捕らぬ狸の皮算用に過ぎませんが……。

 

亀田俊和氏、自著の「あとがき」にて半生を語る~その壱~ 

 既出で恐縮ながら、亀田センセイが博士論文を元に、2013年3月頃に京都の出版社・思文閣出版から出版されたのが、代表作兼処女単行本『室町幕府管領施行システムの研究』です。呉座氏程ではないにせよ、初の単著刊行の喜びもひとしおなのか。亀田センセイも、ご自分の半生について「あとがき」で熱く語っておられました。

www.shibunkaku.co.jp

cir.nii.ac.jp

kensyoiinkai.hatenablog.com

 あとがき

 生来のアレルギー体質により物心ついた頃から鼻炎や喘息などに苦しめられた虚弱児で、人付き合いが苦手で家に引きこもることが多かった私にとって、伝記で読み知ったガリレオケプラーといった過去の偉大な研究者たちはあこがれの対象であった。大人になったら誰もなし得なかった新しい発明や発見をする職業につきたいとはずっと考えていた。

 しかし、高校に入学してから数学や特に化学が極端な苦手科目となり、能力的に理系の道は断念せざるを得なくなった。大学に入学してからは哲学専攻を考えた時期もあったが、本書の内容からあきらかなように私は抽象的思考がとにかく駄目なのでこれもあきらめた。

 結局選択したのは、これも幼い頃から読み親しんでいた歴史の学問であった。その中でも室町幕府を選んだのは、当初は鎌倉幕府江戸幕府に比べて弱小の印象しかなく、教科書の扱いも小さめのこの政権が何となく気になっていたというごく素朴な理由に過ぎない。初代将軍足利尊氏の複雑な人間性も、多感な十代の人間にとっては何ともいえないある種の魅力を醸し出していた。

 しかし、鎌倉幕府が幕末に一瞬にして滅亡し、鎌倉を滅ぼした建武政権も三年足らずで挫折したのに対し、室町幕府は内乱を長期化させたとはいえ曲がりなりにも戦争に勝利し、二世紀以上にわたって存続した。鎌倉幕府建武政権室町幕府の政策には、その違いを産み出した決定的な何かがあるのではないだろうか。換言すれば、政治権力が長期的に安定するためには、具体的にいかなる政策を断行するべきなのであろうか。政権安定化の法則が存在するとすれば、いかなるものなのだろうか。一言でいえば、「政権担当能力」を解明したい。大学入学直後に自民党の長期単独政権が崩壊し、流動的になり始めた現代日本の政治・社会情勢も相俟って、私の問題意識はその方面に向かっていった。また、マキャヴェリの『君主論』に影響された側面も大きい。

亀田俊和『室町幕府管領施行システムの研究』(思文閣出版)p519~520

 亀田センセイがヘルニア持ちなど、お身体が強くないらしいことは薄々知っていましたが、虚弱児云々は少々意外というか、初耳でした。これまた恐縮ですが、少年時代のセンセイは、自然豊かな故郷の野原を、元気溌剌に駆けずり回っておられたイメージなどがありましたので。

kensyoiinkai.hatenablog.com

 それにしても、亀田センセイが良くも悪くも文系気質だったことはともかく……呉座氏とほぼ同様に語学が(相対的に)苦手で、クラスの歴史通や歴史博士的なポジションでも無かった可能性があること。進路も専攻も、結局は何となく消去法で決めていらっしゃったらしいとは……。不遜な言い方でまたまた恐縮ながら、個人的には肩透かしを喰らったような気分になりました。

 それでも、呉座氏と肩を並べるように、日本史界隈で頭角を現し、亀田センセイは一躍スター学者の檜舞台に上がられたのですから、天才中の大天才は伊達では無いと思われます。真面目な話、センセイが少しでも本気を出せば、どの分野の学問でもトップを狙えること間違い無いでしょう!

 本書は二〇〇六年三月に京都大学に提出した学位論文「室町幕府施行制度の研究」とその後の研究成果をもとに執筆したものである。また、平成一七年度~一九年度の文部科学省科学研究費補助金「特別研究員奨励費」による研究成果でもある。刊行に当たっては、独立行政法人日本学術振興会平成二四年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金研究成果公開促進費))の交付を受けている。

 ここにいたるまでの研究生活において多くの方々から種々のご指導を賜った。京都大学国史研究室に所属した当初、指導教官としてご指導いただいたのは、故鎌田元一先生、大山喬平先生、藤井譲治先生、故高橋秀直先生であった。その後、吉川真司先生、勝山清次先生にも指導教官として教えをいただいた。勝山、藤井、吉川の三先生には本書のもとになった博士論文を審査していただき、貴重なご助言を賜った。

 先輩の渕原智幸氏には投稿論文の草稿を読んでいただいたりして、有益なアドバイスを多数いただいた。よくいっしょにお酒を飲む仲でもある。氏の専門分野である古代東北地方の史跡を見学するため、吉川先生と氏とご一緒に、秋田にある私の実家の自家用車で青森・秋田・岩手の北東北三県をドライブしたことも楽しい思い出である。

 また、東京大学の呉座勇一氏とはインターネットで知り合った。普段は遠く東京に住んでおられる氏とはインターネットを通じて頻繁に議論し、多くのご教示を賜り、本書の内容も大きな影響を与えられた。たとえば、第三部第一章第三節第二項で言及した『鎌倉持氏記』の存在を教えてくださったのも呉座氏である。私はインターネットを最大限有効に活用している研究者の一人でもあると自負している。

 そして、本書刊行をお勧め下さり、編集・出版上のさまざまな実務を処理していただいた思文閣出版に対し、厚くお礼を申し上げる。取締役部長の原宏一氏、編集担当者としてお世話いただいた田中峰人氏にはとりわけ感謝申し上げる。

 最後に、私事にわたるが、遠く秋田の地より見守ってくれている家族にも心からの感謝を捧げたい。

 二〇一三年二月  亀田俊和

亀田俊和『室町幕府管領施行システムの研究』(思文閣出版)p520~521

 刎頚の友たる呉座氏と双璧を成す、亀田センセイの神懸かり的なご活躍ぶりには「遠く秋田の地より見守ってくれている」ご家族の方々も、欣喜雀躍だと考えられます。文字通り、センセイは一族の誇り!と言っても過言ではないでしょう。おめでとうございます!!

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

 蛇足ですが、亀田センセイと折り合いが悪かったらしい(真相は不明)大学院の指導教授のお方も……センセイと呉座氏の「男の子同士」の熱き友情伝説をご存知であれば、恐らく、目を細めておられるだろうと推定されます。口幅ったい言い方で恐縮ながら、ある意味、センセイも呉座氏同様に、これまた最高の恩返しが出来ていらっしゃるかと存じ上げますが。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

*1:現在は、削除済み。

*2:坂の上の雲』『国盗り物語』などの歴史小説で名高い作家の司馬遼太郎氏のこと。

*3:明治時代から戦後にかけて活躍した、作家・ジャーナリストの徳富蘇峰のこと。

*4:現時点では、投稿した「年」は不明であり、調査中です。悪しからずご了承下さい。

*5:山上徹也容疑者が、事件直前に上記の手紙を宛てたジャーナリストの米本和広氏のブログから。『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p35に掲載された米本氏ご本人のインタビュー記事「山上が手紙を送ったジャーナリストは何者か」が転載されており、実質無料で全文読めます。ご興味あるお方は、自己責任でご一読下さい。

Broken Japanese History/歴史学者、半生をかく語りきー亀田俊和氏と呉座勇一氏と~秘史篇・下~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

女性蔑視投稿で炎上の呉座勇一氏 知人は「彼は食事中もスマホを手放さないSNS中毒」 | デイリー新潮

「匿名で悪口スクショが続々と…」呉座勇一氏“中傷投稿”問題、渦中の北村紗衣氏が語る顛末 | 文春オンライン

自分を責める気持ちが湧いてきて…呉座勇一氏“中傷投稿”問題、北村紗衣氏が語る「二次加害の重み」 | 文春オンライン

知識人「言論男社会」の深すぎる闇…「呉座勇一事件」の背景にあったもの(後藤 和智) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

令和三年・呉座の乱:ロマン優光連載183 (2021年3月26日) - エキサイトニュース

ベストセラー『応仁の乱』呉座勇一さんを名古屋大教授らが提訴 「オープンレターを削除する義務ない」 - 弁護士ドットコム

武蔵大准教授の北村紗衣氏、甲南大非常勤講師を提訴 「ツイッターで名誉毀損された」 - 弁護士ドットコム

・当ブログへのご意見・ご感想などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

・呉座勇一氏とも因縁浅からぬ歴史学者本郷和人氏が、『歴史学者という病』(講談社現代新書)という、書名からして賛否両論の物議を醸しそうな新刊を出しておられます。まだ自分は未読ですが、ある意味、本郷氏ご本人によるエッセイ集のようなものだと推定されます……。

※以下のリンク先などは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

bookclub.kodansha.co.jp

togetter.com

www.buzzfeed.com

 ……どうでもいい話で恐縮ながら、呉座氏と亀田センセイの周囲には、ご自分たちの専門外でド派手な「武勇伝」を、殊更にご披露なさる方々がひしめいている感もございます。定義にもよりますが、平山優氏なども、その可能性が?いや、自分の気のせい、考え過ぎだと思いたいところではあります。失礼致しました。

・毎度、恐縮ではございますが……呉座氏や亀田センセイの問題(?)などを考える上でも必須事項であるため、しつこいほど、追跡を続けている例の安倍晋三元首相暗殺事件。連日、またもや新事実などが発覚し、底なしの様相を呈しております。とどのつまり、お盆を過ぎても、沈静化の兆候はありませんでした。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

gendai.media

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

ジェンダーのところに呉座さんの名前が・・・

2022/08/12 11:56

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

頻出固有名詞が安倍、石破、バイデン、天皇、呉座、ホリエモン。なにかに囚われてる感はあるわな。

2022/08/12 12:53

b.hatena.ne.jp

togetter.com

archive.ph

anond.hatelabo.jp

togetter.com

※断定はできませんが、報道などによると、山上容疑者が安倍元首相暗殺の決行直前に、ネット上で交流のあったジャーナリストの米本和広氏に宛て、投函した手紙の文面だそうです。言うまでもなく、内容を鵜吞みにするのは、大変危険でしょうが。

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。

yone56563.blog.fc2.com*1

www.stopreikan.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

www.excite.co.jp

dot.asahi.com

smart-flash.jp

smart-flash.jp

smart-flash.jp

www.dailyshincho.jp

jisin.jp

jisin.jp

www.tokyo-np.co.jp

www.asahi.com

www.asahi.com

www.jiji.com

nordot.app

 ……微力ではございますが、山上徹也容疑者に、アンチフェミニズムミソジニー(?)の観点から影響を与えてしまった可能性がある呉座勇一氏の、より一層のご健闘ご活躍をお祈り申し上げます。あ、「フェミニストどもを土下座させて謝らせた!」などと公言しておられた、自称「ネット保守」「新保守主義者」「ネット右翼の代表格」のネット論客・HN【はむはむ】としての裏の顔があった亀田センセイにも、です。

 お二人の華々しいご活躍があってこそ、本邦の日本史界隈はあるのですから。

kensyoiinkai.hatenablog.com

 

●呉座勇一氏、自著の「あとがき」にて半生を語る~其の参~ 

 他にも大学院の演習では、榎原雅治・久留島典子・黒田日出男・近藤成一・義江彰夫・吉田伸之という諸先生から多くのことを教わった。とりわけ東京大学史料編纂所の榎原先生には、私が日本学術振興会特別研究員(PD)に採用された際、受け入れ教員になっていただいた。かくも贅沢な環境で学ぶことができたのは実に幸運であったが、その割に私の研究成果は乏しい。なんとも恥じ入る次第である。

 そして、先生方のご指導に劣らず重要だったのは、先輩方が主催されていた勉強会・研究会は数多く、私は影写本の会、中世史研究会、GFC(義堂周信ファンクラブ、要は『空華日用工夫略集』を読む会)、捕遺の会(続群書類従補遺を読む会)、MDの会(中世博士論文を書く会、榎本渉氏命名)などに参加した。研究会の場以外でも、崩し字の読みや関連文献・史料の存在などを尋ねると、快く教えて下さった。ひとりひとりお名前をあげていくと際限がないので、特にお世話になった方のみに限定する。秋山哲雄、遠藤珠紀、川本慎自、木下聡の四氏である。ご好意に甘えてばかりで、きちんとお礼を述べることが少なかったので、ここに記して謝意を表したい。

 同期の存在も大きい。私と同じ年に日本史学研究室に進学し、中世史の研究を志し、大学院に進学したのは、岡本真氏と小瀬玄士氏である。自分よりもはるかに優秀な両名と常に比べられるという状況は私にとって大きなプレッシャーだった。劣等感に苛まれることも一度や二度ではなかった。だが、もし二人がいなければ、元来怠惰な私がここまで研究を続けてくることはできなかっただろう。本書にみるべきところが僅かでもあるとしたら、それは両氏のおかげである。ちなみに、両氏もGFCの主力メンバーである。

 学外にもお世話になった方は多い。第一に言及したいのは、歴史学研究会日本中世史部会運営委員のみなさんである。私は八つ年上の秋山哲雄氏に勧誘されて、修士課程一年の時から運営委員となり、現在にいたっている。私が加入した頃の運営委員会には秋山氏と同世代の俊英たちが集い、活発に議論を戦わせていた。学問の世界に足を踏み入れたばかりの私にとって、その談論風発はまばゆいばかりであった。学内のゼミや研究会で史料の読み方を学び、歴研で議論の組み方を学んだ。といえば、多少は雰囲気が伝わるだろうか。年の近い近藤祐介、下村周太郎、竹井英文各氏らとの交流も大きな刺激となった。特に、私が歴研大会で報告することになった折には、大会担当委員の下村氏をはじめとする運営委員の方々から多くの助言をいただいた。

 また山本隆志先生が主催する在地領主研究会、高橋敏子先生が幹事を務めている「『経覚私要鈔』を読む会」など、各種研究会の末席に加えていただいている。年数を重ねるにつれ、自分より若い研究者が新たに入会してくることも増えた。そろそろ教わる側から数える側に回らなくてはと思いつつ、なかなか脱皮できない自分が情けない。

呉座勇一『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)p357~p358

 東大大学院時代の呉座氏は……後年、博論のご審査をご担当された榎原雅治・久留島典子の両氏のみならず、これまた錚々たるお歴々の方々からもご指導ご鞭撻を受けていらっしゃったようです。加えて、同大のご立派な先輩方。ご親切な同期の方々のお力添えなども頂いたお陰で、呉座氏は無事、本邦の日本史界隈が誇る「神の子」として覚醒なされた模様です!無論、学外の皆様方、特に歴史学研究会日本中世史部会運営委員、各種研究会などの貢献も大きかったのは、間違い無いと思われます。

 上記の方々にとっても、学生時代の呉座氏とのご縁は何物にも代えがたい、それこそ国宝級のお宝であり、一生忘れられない思い出でしょう!これなども「人のつながり」の賜物だと考えられます。いやあ、呉座氏はつくづく果報者だと骨身に染みて痛感させられました。

kensyoiinkai.hatenablog.com

 後輩の佐藤雄基氏、京都大学亀田俊和氏・山田徹氏らとは、インターネットを通じて意見交換をしばしば行っている。意見交換といっても、私はいただいた抜き刷り論文に対する雑駁な感想を述べるだけで、ほぼ一方的にご教示を得ているのが実状である。〈交換型一揆契状〉という概念を提示しておきながら、本人はちっとも〈交換〉できていないのは皮肉である。

 その他、科研や学会・シンポジウム、中世史サマーセミナーなどを通じて、全国の研究者と知り合うことができた。これらの「縁」「人のつながり」は、地位も名誉も財力も学力もない私にとって、唯一誇れる宝物である。芳名を列挙することはできないが、私を励まし、時に叱って下さったすべての方に心よりお礼申し上げる。

 本書刊行にあたっては、思文閣出版の田中峰人氏にご尽力いただいた。二〇一二年の歴研大会報告の昼休み、書籍ブースをぶらぶらしていたら、ふいに田中氏から声をかけられた。「博士論文を刊行する時には、ぜひうちから」とのお話だった。今から振り返ると社交辞令だったような気もするのだが、学界ではほとんど評価されていない私の研究を編集者の方がご存知だったことに感激した。後日、村井先生を通じて本書刊行をお願いすると、快諾して下さった。その上、原稿をなかなか送らない私に辛抱強く対応し、編集・出版上のさまざまな実務をきめ細かに処理していただき、感謝の言葉もない。

 私事にわたって恐縮だが、いまだに将来の展望が見えない私を温かく見守ってくれている家族に、心からの感謝を捧げて結びとしたい。

 二〇一四年一月                      呉座勇一

呉座勇一『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)p358~p359

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

 呉座氏ご本人は「「縁」「人のつながり」は、地位も名誉も財力も学力もない私にとって、唯一誇れる宝物である。」とまたまたご謙遜されておられますが……その中でも、亀田センセイとの出会いこそ、まさに運命の、至高の出会いだったでしょう。

 余談ながら、当時の呉座氏が亀田センセイ同様に、mixiを嗜んでいらっしゃった事実は、2012年10月頃に上梓された処女作『一揆の原理 日本中世の一揆から現代のSNSまで』(洋泉社)でも言明されておられました。

国内大手SNSミクシィにも数年前から参加しているが、「友達の友達」という形で面識のない人たちとも知り合い、交流を続けている。ミクシィのコミュニティで出会った人たちがネット上ではなく実際に現実世界で集う「オフ会」にも参加している。

呉座勇一『一揆の原理 日本中世の一揆から現代のSNSまで』(洋泉社)p225~226

 案外、お二方が親交を結んだきっかけは、当時、亀田センセイが運営していたブログ『はむはむの煩悩(新・はむはむの煩悩)』だけでなく、mixiでの亀田俊和=ネット論客・HN【はむはむ】の勇壮なる武勇談を通じての可能性もあります。

 いずれにせよ、ネットでもリアルでも、公私に渡って交友関係を「深化」させた盟友(?)・亀田センセイの存在こそ、歴史学者・呉座勇一氏の大成を促した、最大のキーパーソンだと思われます。

 不遜な言い方で恐縮ながら、恐らく、亀田センセイには……呉座氏の恩師たる村井章介氏、五味文彦氏ら教員の方々、先輩方、同期のお方なども感謝カンゲキ雨嵐でしょう!縁は異なもの味なもの、ですねえ。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

 

*1:山上徹也容疑者が、事件直前に上記の手紙を宛てたジャーナリストの米本和広氏のブログから。『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p35に掲載された米本氏ご本人のインタビュー記事「山上が手紙を送ったジャーナリストは何者か」が転載されており、実質無料で全文読めます。ご興味あるお方は、自己責任でご一読下さい。

Broken Japanese History/歴史学者、半生をかく語りきー亀田俊和氏と呉座勇一氏と~秘史篇・中(乙)~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

女性蔑視投稿で炎上の呉座勇一氏 知人は「彼は食事中もスマホを手放さないSNS中毒」 | デイリー新潮

「匿名で悪口スクショが続々と…」呉座勇一氏“中傷投稿”問題、渦中の北村紗衣氏が語る顛末 | 文春オンライン

自分を責める気持ちが湧いてきて…呉座勇一氏“中傷投稿”問題、北村紗衣氏が語る「二次加害の重み」 | 文春オンライン

知識人「言論男社会」の深すぎる闇…「呉座勇一事件」の背景にあったもの(後藤 和智) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

令和三年・呉座の乱:ロマン優光連載183 (2021年3月26日) - エキサイトニュース

ベストセラー『応仁の乱』呉座勇一さんを名古屋大教授らが提訴 「オープンレターを削除する義務ない」 - 弁護士ドットコム

武蔵大准教授の北村紗衣氏、甲南大非常勤講師を提訴 「ツイッターで名誉毀損された」 - 弁護士ドットコム

・当ブログへのご意見・ご感想などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

●呉座勇一氏、自著の「あとがき」にて半生を語る~其の弐~ 

 さて私は、この業界でいうところの「あとがき愛読派」の一員を自認しているのだが、あとがきを読んでいると、いつも驚かされることがある。それは、日本中世史の研究者の多くが中高生時代から歴史に対する激しい情熱を持っていることである。歴史系のサークルを立ち上げたり、無数の中世城郭、あるいは神社仏閣を”制覇”したり、それらに飽きたらず中世史の専門研究書や史料集をひもといたりと、はっきりいってすごすぎるのである。こうした”武勇伝”を読んでいると、なるべくして日本史の研究者になったのだな、と感嘆するほかない。

 一方の私はといえば、「人なみはずれた歴史ぎらい」と語ればウソになるが、高校生当時、歴史への関心は「人なみよりは上」程度であった。日本史は得意教科ではあったが、クラスで「歴史博士」的ポジションにいた、などということは全然ない。大河ドラマを観たり、司馬遼太郎を読んだり、せいぜいそのレベルである。

 大学で専攻を決める際も、真剣に検討した記憶がない。まず語学が苦手だったので、加えて受験科目の中では現代文と日本史が好きだったので、日本文学か日本史学にしようと考えた。そして、上クラ(説明すると長くなるので、ご存知ない方はググっていただきたい)に日本史学研究室に進学された方がいて、研究室の和気藹々とした様子を楽しげに語るので、それにつられて日本史を選んだ。この時点で、研究者になるという発想は一切なかった。

呉座勇一『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)p355~p356

kensyoiinkai.hatenablog.com

からの続き)今や本邦が世界に誇る、偉大なる歴史学者呉座勇一氏ですが……実は元々、歴史好きでは無かったらしいという衝撃の新事実などが次々と明かされております

 かの名門男子校たる海城高校時代、「歴史」そのものに大して興味も関心も無く、「(ご本人にとっては相対的に)日本史は得意教科」「受験科目の中では現代文と日本史が好きだった」……などという理由で、ただ何となく、進学先を決定したと思われる呉座氏。

 無論、高校時代の先輩のお話をお聞きして「研究室の和気藹々とした様子を楽しげに語るので、それにつられて日本史を選んだ。この時点で、研究者になるという発想は一切なかった。」とも余裕綽々で仰るのですから、ある意味、呉座氏はやはり只者ではありませんでした。良くも悪くも早熟にして才気煥発たる逸材であったのだなあ、と我ながら脱帽致しました。

 ご自分が愛着や思入れに乏しい分野の「日本史学」においても、忽ち頭角を現し、こうして数々の伝説、神話をも現在進行形で量産し続けておられるのですから。呉座氏に日本史学研究室のお話を振った先輩の目に狂いは無かったということになります。自分の勝手な憶測で恐縮ながら、恐らく、呉座氏は幼少のみぎりから、神童ぶりで周囲を感嘆させておられた可能性もございます。流石は、神が地上に遣わされた「神の子」……日本史界隈の現人神になりつつある呉座勇一氏かと存じ上げます。

 語学が(相対的に)苦手だったという呉座氏の告白にも、驚愕というか、ともすれば首を傾げる事実ではあります。本当に呉座氏が、英語などの語学が苦手であったのならば……同様に語学が苦手だったという亀田センセイが、断腸の想いで断念したらしい東大受験とは何だったのでしょうか?

 そもそも、常識的に考えても本邦を代表する進学校海城高校から東大、同大学院と絵に描いたようなエリートコースを歩んできた呉座氏の英語力は、桁外れかと存じ上げますが。平均的な日本人の英語力を、呉座氏も亀田センセイも共に凌駕しているのは確実でしょう。一体、ご両人とも、何を基準にしてご自分たちは「語学(英語等)が苦手だった」などと仰っていられるのか。呉座氏や亀田センセイの足下にも及ばない、下水道を塒にする鼠族のような自分の頭では、実に不可解であります。自分の脳味噌の容量が少なく、理解が追い付かなくて、申し訳ございません。

 余談ながら、呉座氏から説明すると長くなるので、ご存知ない方はググっていただきたい」などとご高配を賜った「上クラ」というお言葉ですが……これは正確には所謂「東大用語」で、以下のような意味があるそうです。

東大では選択した語学でクラス分けがされており、そのクラス単位で授業を受ける。同じ「○科○類○組」の1年生と2年生との間には特別な呼び名があり、2年生を「上クラ」、1年生を「下クラ」と呼ぶ。4月の初めにはこの「上クラ」が「下クラ」を旅行に連れて行くという行事も毎年行われる。

東大用語集 | 大学情報 | 東大塾 | 河合塾

 最初から「東大の2年生」とご説明すればいいものを、わざわざ、学術書の「あとがき」において、学術用語でも無い一種のスラングの「上クラ」を内輪の感覚でご使用なさるとは。紙数の関係もあるでしょうが、注釈なども一切付けずに、です。曲がりなりにも専門家による専門書でありながら、事情が分からない読者にグーグル検索の注文まで付ける辺り、少々不親切かと存じ上げますが。

 卑怯な言い方で恐縮ながら、自分が編集者ならば、引きつった満面の笑顔を湛えつつ、赤ペンで呉座氏の原稿を添削させて頂きます。無論、重箱の隅を楊枝でほじくるような非礼を百も承知で、ですが。 

 こんな始末であるから、進学時の日本史の知識は実に貧弱なものだった。当時、中世史の教員は五味文彦先生と村井章介先生のお二人であった。今にして思えば、私にはもったいないくらいの豪華布陣だったのだが、その頃の私は「あ、どこかで聞いたことある名前だぞ」と感じただけだった。

 そんな私が、両先生の講義やゼミに出ているうちに、日本史学という学問の面白さに目覚め、ついには大学院にまで進学してしまったのだから、人生なにがどうなるか分からない。どこかで耳にした「良き師に出逢える幸福に勝る喜びはない」という言葉は心理だなあ、と実感する。もっとも、私の”覚醒”が日本史学界にとって喜ばしいことだったのか、ひょっとすると厄介者が入ってきやがったと疎まれているのかもしれないなどと考え出すと、暗い気持ちになることもあるのだが。

 五味先生は、熱血指導型ではなく、ぽつりとおっしゃることが非常に重要な内容だったりするので、片言隻語も聞き漏らすまいと身構えていた。それと、先生は教え子の研究報告をめったに褒めない。私は一度でいいから褒められたいと思いつつ五味ゼミで発表を繰り返したが、結局一度も褒められることのないまま先生のご退職を見送ることになった。先生に論文を評価されること。それが私の研究者としての目標の一つであるが、一生かかっても無理かもしれない。

 指導教員の村井先生は大らかなお人柄なのだが、ゼミになると一変する。史料の一言一句にこだわり、おおざっぱな解釈を決して許さない厳格な姿勢に、私は歴史研究者の鑑を見た。しかし私は、実証主義という先生の教えは守りつつも、先生が精力的に進めておられた対外関係史研究にはさしたる関心を示さず、自分の興味のおもむくままに一揆研究を始めた。その意味で私は良い弟子とはいえないが、不出来の弟子にも先生は優しかった。二〇〇七年の史学会大会日本中世史部会シンポジウム「「人のつながり」の中世」で報告してほしい、と先生に依頼された時は、正直頭を抱えた。無理難題をふっかけられたという思いさえあった。だが、あれは遅々として進まない私の研究を先生が後ろから押して下さったのだ、と今になって気づいた。先生には本書出版のために思文閣出版への仲介の労もとっていただいた。本書を刊行したことで、師恩に少しでも報いることができたとしたら幸いである。

呉座勇一『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)p356~p357

 いやあ、呉座氏は散々、ご謙遜しておられますが……。その「神の子」としての「覚醒」こそ、御稜威津々浦々に及ぶ「奇跡の御業」でありました。結果論であれ、それを促されたのは、五味文彦村井章介の両氏という本邦の最高学府・東京大学が誇る二大ビッグスター学者による、ご指導ご鞭撻の賜物でしょう!

 その薫陶を一身に受けた呉座氏は、現在に至るまで、次から次へと「伝説」を、「神話」をリアルタイムで生み続けております。これなども、五味・村井のご両名、特に呉座氏が師事なされた村井氏の功績でありましょう!お二方が、日本史研究者だけでなく、教育者としても超一流であることの、何よりの証左かと存じ上げます。「人のつながり」は、中世だけでなく、現代の本邦でも必要不可欠であると……!!

kensyoiinkai.hatenablog.com

 地上界へと降臨した「神の子」呉座氏の、その後の天衣無縫、八面六臂、戦技無双のご活躍ぶりには恩師の方々も……不遜な言い方で恐縮ながら、感激のあまり、卒倒なされておられる可能性があるかと存じ上げます!中でも、大恩ある村井氏に対して、まさに史上最高の恩返しを、呉座氏は現在進行形で遂行なされていると考えられます。「師恩に少しでも報いることが」できたようで、何よりです。

 ここで、大変恐縮ながら、警視庁警備部特科(特殊)車両二課第二小隊隊長の後藤喜一警部補から、呉座氏と亀田センセイへの有り難いお言葉を賜りました。後藤隊長、宜しくお願い致します!

後藤喜一(fake)「……え?この台本通りに、この台詞読めばいいだけなの。それじゃあ、まあ」

(※いつもながら、申し訳ございません。嘘です。冗談です。フェイクです!しつこいようですが、絶対に本気にしないで下さい。原作者のゆうきまさみ先生、ひいては『機動警察パトレイバー』のファンの皆様方、関係各位様。衷心からお詫び申し上げます)

dic.pixiv.net

dic.pixiv.net

dic.pixiv.net

※画像の出典は、ゆうきまさみ機動警察パトレイバー』第1巻(小学館)p147から。右端の人物が、我らが後藤喜一隊長です。

「みんなで幸せになろうよ。」

※画像の出典は、上記同様、ゆうきまさみ機動警察パトレイバー』第1巻(小学館)p147から。前後の文脈を踏まえると……流石は後藤隊長であります。はい。

(※追記 2022年8月19日:後藤隊長、大変遅ればせながら、ご出演を快諾して頂きまして、ありがとうございました!)

 ……僭越ながら、自分はいつだって、呉座氏と亀田センセイの幸せをお祈り申し上げております。不束者ですが、今後とも宜しくお願い致します。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

Broken English

Broken English

Amazon

Broken Japanese History/歴史学者、半生をかく語りきー亀田俊和氏と呉座勇一氏と~秘史篇・中(甲)~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

女性蔑視投稿で炎上の呉座勇一氏 知人は「彼は食事中もスマホを手放さないSNS中毒」 | デイリー新潮

「匿名で悪口スクショが続々と…」呉座勇一氏“中傷投稿”問題、渦中の北村紗衣氏が語る顛末 | 文春オンライン

自分を責める気持ちが湧いてきて…呉座勇一氏“中傷投稿”問題、北村紗衣氏が語る「二次加害の重み」 | 文春オンライン

知識人「言論男社会」の深すぎる闇…「呉座勇一事件」の背景にあったもの(後藤 和智) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

令和三年・呉座の乱:ロマン優光連載183 (2021年3月26日) - エキサイトニュース

ベストセラー『応仁の乱』呉座勇一さんを名古屋大教授らが提訴 「オープンレターを削除する義務ない」 - 弁護士ドットコム

武蔵大准教授の北村紗衣氏、甲南大非常勤講師を提訴 「ツイッターで名誉毀損された」 - 弁護士ドットコム

・当ブログへのご意見・ご感想などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

・ご存知のお方も多いでしょうが、呉座勇一氏は2019年11月前後に、華燭の典を挙げられております。お相手は、新進気鋭の日本画家である松平莉奈氏でありました。推定ですが、お二人の馴れ初めは、2017年2月頃、呉座氏の勤務先である日文研の館内だった模様です。

※以下のリンク先などは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

togetter.com

 後年の呉座騒動において、加害者の呉座氏をここぞとばかりに擁護しながら、被害者の北村紗衣氏にも言及していた東大先端教授の玉井克哉氏*1からも、実に心のこもった祝福を受けていた松平氏。傍目にも、まんざらでも無いご様子でした。偶然って、怖いですねえ。

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※上記の墨東公安委員会さんのツイートに添付されていた呉座氏のツイート(2020年10月1日頃)のアーカイブのスクショです。呉座氏のご意見に、玉井氏が賛同のリプライをするなど、当時から両者は一定の交流があったことが伺えます。

 この場をお借りして、自分も大変遅ればせながら、ご成婚、おめでとうございました!……などと、申し上げたいところですが、呉座騒動後、一つだけずっと気になっていたことがあります。

 呉座氏と松平氏のお二人は、2017年2月9日頃に初めてお知り合い、ツイッターも相互フォローされたようです。それから約2年半後に、縁を結ばれたということになりますが……。単純計算、当然のことながら、松平氏は2021年3月頃に勃発した一連の呉座騒動も一部始終、リアルタイムで目の当たりにしていた可能性があります。それも、他ならぬ元凶だった呉座氏の伴侶として、間近で。まさかとは思いますが、全くご存知無かった、とは思えませんが。

 もとより、誤解されると困りますが、自分としては咎めているつもりは毛頭ございません。正直なところ、当時、ツイッターでは鍵垢だった呉座氏をフォローしていた、又は相互フォローしていた方々の、非や責任を何処まで問えるのかなどは、道義的にも社会的にも難題だと考えております。無論、現在進行形の差別やイジメなどを黙って傍観していた、見て見ぬふりしていた場合、同罪というか、潜在的な共犯者になってしまう危険性があるとはいえ。

 呉座氏と相互フォローだったというお方にしても、呉座氏とは直接の面識、接点等が殆ど無かった。あったとしても、お仕事の都合やライフスタイル、ツイッターなどの利用頻度や時間帯が異なるなどで、呉座氏ご本人のアカウントを特に意識していなかった。そもそも、ツイートそのものを目にする機会も少なかった。そうした方々も多かった一面もあると思われます。

 しかし、呉座氏ご本人と極めて近しい方々で、ツイッターでも相互フォローしておられた方々。特に奥方の松平氏や親友(?)の亀田センセイなどには「人斬り呉座」「人斬り呉座抜刀斎」などの異名も持った呉座氏の鍵垢ツイッターでの一騎当千のご活躍ぶりを誰よりも間近で目撃し、交流もあった以上、最低限の説明責任があるかと存じ上げます。非礼を百も承知で、です。

※以下のnoteなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

note.com

 呉座・松平のご両名、亀田センセイを始めとする天才中の大天才、至高のエリートたる呉座界隈の方々とは対照的に……。路地裏で残飯でも漁っている野良犬のような存在の自分は、ネットの片隅でずっと考えておりました。ほとぼりが冷めたら、きっと「大人」として「社会人」としての責務を松平氏や亀田センセイは、きっと果たして下さるだろうと。恐縮ながら、誠に勝手ではございますが。

 神々に選ばれし選良たる呉座・松平両氏のご夫妻や亀田センセイとは比較にならない程、卑小で浅学非才を絵に描いたような自分は、一日千秋の想いで、その時をずっとお待ちしておりました。しかし、遺憾ながら、松平氏や亀田センセイの動向をつぶさに観察しておりますと……呉座騒動などが時の流れで風化することを、両者は密かに待っておられるような感さえあります。いや、断じてそうでは無いと、自分は今でも信じたいところです。

 差し支えが無ければ、「係争中の事案につき、お答えできません」「ノーコメント」など、一言でも宜しいですから、公の場で明言して下さるとまだマシなのですが……。

・当ブログでも、引き続き俎上に上げている安倍晋三元首相暗殺事件。事件発生から一ヶ月以上経った現在も尚、同事件を機に白日の下に晒された統一協会と政界との癒着の問題などで、沈静化の兆しは一向に見えていないようです。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

 念のために、繰り返し申し上げますが、自分としては、安倍元首相暗殺という山上徹也容疑者の犯行は完全否定されるべきものだと考えております。理由はどうであれ、です。間違っても、あの暴挙を1ミクロンでも肯定した瞬間、それこそ戦前の暗黒時代に逆戻りでしょう。

 民主主義社会で「暴力肯定」の論理が罷り通るようでは……政治家や要人などを狙ったテロや暗殺が頻発し、男子普通選挙*2に基づいた政党政治が崩壊。破滅の坂道を転がり落ちた本邦の負の歴史などが、また繰り返される危険性も充分以上にあるかと思います。

 実際、この事件の当初、自分が咄嗟に連想したのは……不謹慎ながら、戦前の血盟団事件でしたが。狂信的な日蓮宗*3の僧侶だった井上日召が盟主の右翼テロリスト集団「血盟団」は、「一人一殺」などをスローガンに掲げて、一説では「法華経」を唱えながら、団員たちは要人暗殺に狂奔したそうです。

 動機さえ正しければ、何をやっても許される。何てことは絶対に有り得ませんので。

※以下のwikiなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

ja.wikipedia.org

bunshun.jp

togetter.com

archive.ph

anond.hatelabo.jp

togetter.com

※断定はできませんが、報道などによると、山上容疑者が安倍元首相暗殺の決行直前に、ネット上で交流のあったジャーナリストの米本和広氏に宛て、投函した手紙の文面だそうです。言うまでもなく、内容を鵜吞みにするのは、大変危険でしょうが。

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。

yone56563.blog.fc2.com*4


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

gendai.media

bunshun.jp

bunshun.jp

www.yomiuri.co.jp

news.tv-asahi.co.jp

www.asahi.com

www.asahi.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

smart-flash.jp

smart-flash.jp

gendai.media

gendai.media

jisin.jp

bunshun.jp

bunshun.jpnews.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

jbpress.ismedia.jp

jbpress.ismedia.jp

jbpress.ismedia.jp

jbpress.ismedia.jp

jbpress.ismedia.jp

nikkan-spa.jp

www.tokyo-np.co.jp

www.yomiuri.co.jp

www.yomiuri.co.jp

 そうした中、成蹊大学文学部現代社会学科教授の伊藤昌亮氏が、講談社系の『現代ビジネス』において、安倍元首相暗殺事件を引き起こした山上徹也容疑者のツイートを定性的・定量的な手法で分析した論考を発表しております。

 その中で、伊藤氏は[ジェンダー]をテーマにした分析及びカテゴライズにて、呉座氏の名字である「呉座」をキーワードの一つに挙げておられました。

 因みに、この論考自体は、『ポリタスTV』(8月2日放送回)の特番の文字起こし、或いはそれを原型としたものだと考えられます*5

※以下のリンク先などは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

gendai.media

次に2番目に言及度が高いテーマ、[ジェンダー]を見てみよう。このテーマは[格差社会]との関連度が高く、また、憎悪度もかなり高い。

このテーマに関わる語で「女」などの一般的な語に次いで出現度が高いのは、「インセル」(「非モテ」を表す英語圏スラング)「呉座」「フェミニズム」「フェミニスト」などだ。これらの語を多用しながら彼は、いわゆる弱者男性論を展開し、フェミニズムを強く批判している。

つまりフェミニズムは男性を強者だと決め付け、その加害者性を問題にしているが、しかし男性の中にも弱者はいる。それどころか、誰にも助けてもらえない弱者男性は女性以上に弱者であり、「真の弱者」だ。それなのになぜそうした者まで責められなければならないのか、という考え方だ。

こうした考え方もまた昨今のネット右派に特有のものだが、しかし彼の場合には、やはり統一教会に起因する独特の事情がある。

伊藤昌亮「山上徹也容疑者の全ツイートの内容分析から見えた、その孤独な政治的世界」(『現代ビジネス』)

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

ジェンダーのところに呉座さんの名前が・・・

2022/08/12 11:56

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

頻出固有名詞が安倍、石破、バイデン、天皇、呉座、ホリエモン。なにかに囚われてる感はあるわな。

2022/08/12 12:53

b.hatena.ne.jp

 ……専門家の目から見ても、呉座氏のツイートと呉座騒動などが、山上容疑者に何らかの影響を与えていた可能性は明々白々であるようです。ネット上でも上記の伊藤氏の論考で「呉座」が、「反フェミニズム、そしてミソジニー女性嫌悪・女性蔑視)」のキーワードで語られていることに、驚愕というか、ある種の困惑を禁じ得ない反応が見られました。

 口幅ったい言い方で恐縮ですが、この記事を読んだ(可能性がある)呉座氏ご本人の、ご心中をお察し申し上げます。蛇足ながら、自称「ネット保守」「新保守主義者」「ネット右翼の代表格」のネット論客・HN【はむはむ】としての裏の顔を持っていた亀田センセイも。そして……呉座氏の伴侶たる松平氏の胸中や如何に?

kensyoiinkai.hatenablog.com

(※へと続きます)*6


www.youtube.com


www.youtube.com

Broken English

Broken English

Amazon

*1:軽井沢デイドリームー呉座勇一氏のもう一つの所属先「信州大学社会基盤研究センター」の謎を追う~その壱~ - 亀田俊和検証委員会

*2:但し、悪名高い治安維持法の成立と事実上の抱き合わせでしたが。

*3:もとより、日蓮宗自体は、断じてカルトでは無く、ごく真っ当な宗教だと思います。第一、血盟団事件は、90年前の事件です。同事件を以て、日蓮宗日蓮宗の信徒の方々に、あらぬ誤解や偏見を抱かないよう、お願い申し上げます。

*4:山上徹也容疑者が、事件直前に上記の手紙を宛てたジャーナリストの米本和広氏のブログから。『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p35に掲載された米本氏ご本人のインタビュー記事「山上が手紙を送ったジャーナリストは何者か」が転載されており、実質無料で全文読めます。ご興味あるお方は、自己責任でご一読下さい。

*5:伊藤昌亮/Masaaki ITO on Twitter: "先日のお話を現代ビジネスにまとめました。「山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、そのねじれた政治思想―ネトウヨになりきれなかったネトウヨ」。津田さんとのお話、そして多くの方々からのリアクションがとても参考になりました。ありがとうございました。https://t.co/uGnGXX0Gv1" / Twitter

*6:エントリーの字数制限などもあり、今回は甲乙で分割させて頂きます。ご迷惑をお掛けしますが、悪しからず、ご了承下さい。

Broken Japanese History/歴史学者、半生をかく語りきー亀田俊和氏と呉座勇一氏と~秘史篇・上~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

女性蔑視投稿で炎上の呉座勇一氏 知人は「彼は食事中もスマホを手放さないSNS中毒」 | デイリー新潮

「匿名で悪口スクショが続々と…」呉座勇一氏“中傷投稿”問題、渦中の北村紗衣氏が語る顛末 | 文春オンライン

自分を責める気持ちが湧いてきて…呉座勇一氏“中傷投稿”問題、北村紗衣氏が語る「二次加害の重み」 | 文春オンライン

知識人「言論男社会」の深すぎる闇…「呉座勇一事件」の背景にあったもの(後藤 和智) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

令和三年・呉座の乱:ロマン優光連載183 (2021年3月26日) - エキサイトニュース

ベストセラー『応仁の乱』呉座勇一さんを名古屋大教授らが提訴 「オープンレターを削除する義務ない」 - 弁護士ドットコム

武蔵大准教授の北村紗衣氏、甲南大非常勤講師を提訴 「ツイッターで名誉毀損された」 - 弁護士ドットコム

・当ブログへのご意見・ご感想などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

安倍晋三元首相暗殺事件から、かれこれ約1ヵ月が過ぎました。山上徹也容疑者によって引き起こされた同事件がもたらした激震は、本邦にて留まるところが無いようです。当ブログでも、目下、再三再四取り上げており、大変恐縮ではございます。

 しかし、繰り返しますが……上記の暗殺事件で逮捕された山上容疑者が、実はアンチフェミニスト(?)として呉座騒動に興味津々であり、同騒動の元凶たる呉座勇一氏にも並々ならぬ共感を抱いていたことなどは、紛れも無い事実ではあります。誠に遺憾ながら、です。

 言うまでもなく、犯行自体は、文字通り1ミクロンも情状酌量の余地も無い、非道極まりない凶行です。この場をお借りして、改めまして、最大限の厳しい言葉で非難させて頂きます。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

vh8221.github.io

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

forest-life-japan.com

yone56563.blog.fc2.com*1

yonemoto.blog63.fc2.com*2

bunshun.jp

www.nikkansports.com

dot.asahi.com

news.tv-asahi.co.jp

mainichi.jp

www.yomiuri.co.jp

www.yomiuri.co.jp

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

www.news-postseven.com

www.news-postseven.com

friday.kodansha.co.jp

dot.asahi.com

bunshun.jp

bunshun.jp

www.mbs.jp

www.mbs.jp

www.yomiuri.co.jp

www.asahi.com

www.asahi.com

www.jiji.com

togetter.com

togetter.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

 ……山上徹也容疑者のツイートなどは、皮肉にも事件の背景、ひいては同容疑者自身の実像や犯行の真意等を解明する上での文字通り貴重な一次史料*3として、永久保存されるでしょう。事件後、ツイッターそのものは凍結されたとはいえ、です。 

 とどのつまり、呉座氏も、呉座騒動も……。山上容疑者の思想信条に少なからず影響を与えてしまったアンチフェミニスト(?)の事象として、後世の歴史家や日本史研究者たちからも、注目されるのは確実でしょう。呉座氏ご本人が、好むと好まざるとに関わらずに、です。呉座騒動のきっかけを甚だ不本意ながら、結果的に作ってしまった亀田センセイの「レフティ」云々騒動も同様かと推定されます。

 不遜な言い方で恐縮ですが、うがった見方をすれば……日本の次代を担う綺羅星の如き天才歴史学者たちが、半永久的に歴史学の研究対象の一部になるという、本邦初(?)の栄誉を呉座氏や亀田センセイは棚ボタで獲得してしまった可能性もあります。まさに、運命の人!日本史界隈のシンデレラボーイならぬ、ギフテッド!!神懸かり的な偉業です!!!嗚呼、自分はご両名の奇跡を前に、ゲヘナの火、もとい、羨望と嫉妬の炎に我が身を焼かれる想いです。

 今後も、自分は微力ではございますが、お二人が引き起こすモーセの海割りさながらの奇跡の御業を目の当たりすべく、応援させて頂きます!


www.youtube.com

 お二方の名声をさらに広めて、その秘めたる魅力を、少しでも多くの方々に知って頂くこともまた自分の本望であります。くどいようですが、宜しくお願い申し上げます。

 

●呉座勇一氏、自著の「あとがき」にて半生を語る~其の壱~

 前回のエントリーでも取り上げましたが、呉座勇一氏は博士論文を元に大著『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)を上梓されております。刊行当時、そのことが余程嬉しかったのか。巻末の「あとがき」で、呉座氏は珍しく、紙幅を費やして、饒舌に自分語りもしておられました。「あとがき」の、ほぼ全頁数*4を隈なく使ってまで、です。

cir.nii.ac.jp

www.shibunkaku.co.jp

 あとがき

 本書は二〇一一年一月に東京大学大学院に提出した博士学位請求論文「日本中世の地域社会における集団統合原理の研究ー領主の一揆を中心としてー」を原型としている。村井章介先生(主査)、榎原雅治先生、久留島典子先生、桜井英治先生、深沢克己先生にご審査いただき、二〇一一年六月に学位を授与された。懇切丁寧に審査して下さった五人の先生方に、改めてお礼を申し上げる。

 周囲からせっつかれて博士論文の公刊を決意したのは、二〇一二年の歴史学研究会大会の報告が終わって、しばらく経ってからだった。私のような未熟者には時期尚早との思いもあった既発表論文の恥ずかしいミスや明白な事実誤認を訂正する機会を得ると前向きに捉えることにした。今後は初出時の論文ではなく、本書をご参照いただければ幸いである。なお刊行にあたっては、直接出版費の一部として、独立行政法人日本学術振興会平成二五年度科学研究費補助金研究成果公開促進費)の交付を受けている。

呉座勇一『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)p355

 呉座氏の博論のご審査をご担当されたのは……日本中世史・対外関係史がご専門の村井章介氏。同じく日本中世史がご専門の東京大学史料編纂所教授の榎原雅治氏。同様に、日本中世史の研究者にして神奈川大学国際日本学部歴史民俗学科教授の久留島典子氏。東京大学大学院総合文化研究科教授の桜井英治氏。西洋史学者の深沢克己氏と、これまた亀田センセイの博論のご審査のご担当者の方々にも引けを取らない、まさにレジェンド級のオールスターと言っても過言では無い錚々たるお歴々です。恐縮ながら、自分など、お名前を目にしただけで、思わず唸ったものでした。

 中でも、主査をご担当された村井氏は、呉座氏ご本人の大学時代の指導教員のお方でもあり、呉座氏は村井氏の弟子、門下生であることを自認しておられるようです。このことは、下記のリンク先にて、呉座氏が恩師たる村井氏の著作『増補 中世日本の内と外』(ちくま学芸文庫)を紹介する際にも触れていました。

※以下のリンク先などは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

www.asahi.com

www.chikumashobo.co.jp

 大学での私の指導教員は村井章介先生だった。村井先生のご研究は多岐にわたるが、最大の研究テーマは東アジア海域の文化交流史であろう。私の専門は一揆研究なので、あまり村井先生の弟子と認知されていないように感じる。

『(呉座勇一の交流の歴史学 ブックガイド編)村井章介 中世シナ海域、倭人の割拠』

 ……このような満天の夜空に輝く、大スターの先生方からも直々にご指導ご鞭撻のほどを乞う栄誉に浴することができるなど、呉座氏のような生まれも育ちも毛並みのいい、神の子として祝福された選ばれし生粋のエリートでなければ無理なのでしょう。翻って、自分のような路傍の石ころ、もとい地を這うドブネズミとでは、雲泥の差……否、比較するのも失礼です。申し訳ございません。

「周囲からせっつかれて博士論文の公刊を決意した」と断言なさる呉座氏ですが、この頃(2012年)、既にネットを介して知遇を得ていたらしい亀田センセイ=自称「ネット保守」「新保守主義者」「ネット右翼の代表格」のネット論客・HN【はむはむ】の存在も大きかったと推定されます。奇しくも博論が母胎のご高著の刊行では、呉座氏に先んじていたセンセイは、ご自身のご経験を元に有益なご助言をされ、いい意味で発破を掛けておられた可能性もあります。

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

 それを伺わせるものとして「刊行にあたっては、直接出版費の一部として、独立行政法人日本学術振興会平成二五年度科学研究費補助金研究成果公開促進費)の交付を受けている。」と、呉座氏が大著の出版に際し、上記の亀田センセイの代表作と同様の補助金制度をご利用していた点などがあります。無論、偶然に過ぎないと言いますか……そもそも、呉座氏ご本人も同制度をご利用した経験があられるだろう先輩方、指導教員の村井氏などから、ほぼ同様の旨のアドバイスを受けておられた可能性もあります。それ以前に、呉座氏なりに同制度を調べ上げられたのも、充分以上にあり得ることだと思われますが。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

Broken English

Broken English

Amazon

*1:事件直前に山上徹也容疑者から直筆の手紙を受け取るなど、統一協会の問題で本人と交流があったジャーナリストの米本和広氏が、事件後に立ち上げたブログです。

*2:米本和広氏の本ブログです。上記のブログの前からあります。

*3:無論、山上容疑者のツイートなどを額面通りに受け取るのは、大変危険であり、慎重に扱う必要がありますが。

*4:呉座勇一『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)「あとがき」の該当頁は、p355~p359です。