亀田俊和検証委員会

歴史学者・亀田俊和、呉座勇一氏らの『歴史の真実』の他、日本史界隈、本邦のアカデミズムの闇などを検証しているブログです。

やはり俺たちの院生・ポスドク時代は間違っていたのか……?ー呉座勇一氏と反オープンレターの謎を追う~其の壱~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.dailyshincho.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

gendai.media

www.excite.co.jp

www.bengo4.com

www.bengo4.com

・当ブログへのご意見、ご感想、及び情報提供などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。場合によっては、謝礼等も前向きに検討致しますので、宜しくお願い申し上げます。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

青春とは嘘であり、悪である。
青春を謳歌せし者たちは常に自己と周囲を欺き

自らを取り巻く環境の全てを肯定的に捕らえる。
彼らは青春の二文字の前ならばどんな一般的な解釈も
社会通念も捻じ曲げてみせる。
彼らにかかれば嘘も秘密も罪科も失敗さえも
青春のスパイスでしかないのだ。
仮に失敗することが青春の証であるのなら、
友達作りに失敗した人間もまた青春の
ど真ん中でなければおかしいではないか。
しかし、彼らはそれを認めないだろう。
全ては彼らのご都合主義でしかない。
結論を言おう。青春を楽しむ愚か者ども、砕け散れ。

渡航やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(小学館ガガガ文庫)※主人公・比企谷八幡の作文から

・呉座勇一氏の熱烈な信者(?)らしい弁護士の高橋雄一郎氏ですが……。

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

 ……高橋氏にエールを送っている東大先端研教授の玉井克哉氏といい、相変わらず呉座氏は、背後から果敢に援護射撃(無差別)をしてくれる実に頼もしい友軍に恵まれていると思います。これなら、盟友(?)の亀田センセイも心配ご無用!ですね。

・日本史界隈の「神の子」たる呉座勇一氏と、安倍元首相暗殺犯の山上徹也容疑者。

 不謹慎な言い方で恐縮ですが、偶然の積み重ねとはいえ、ほぼ同世代ながら各々別世界で生きていた二人を、まるで写真のポジとネガのように結合させてしまったのは……。図らずも、呉座騒動で露わになった日本史界隈の一部に巣食うアンチフェミニズムミソジニーの根強い風潮でした。嗚呼。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※時系列がバラバラで恐縮ながら、山上徹也容疑者が呉座騒動時、それ以後に連発していた呉座勇一氏関連のツイートのスクショです。同容疑者が、加害者の呉座氏の擁護に血道を上げる一方、被害者の北村紗衣氏、特にオープンレターに対して極めて批判的だったらしい事実などが確認できます。フェミニストを毛嫌いしていた理由などは不明ですが、アンチフェミニスト・ミソジニストであったと仮定すると、事の是非はともかく、一定の説明が付くと考えられます。

gendai.media

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

ジェンダーのところに呉座さんの名前が・・・

2022/08/12 11:56

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

頻出固有名詞が安倍、石破、バイデン、天皇、呉座、ホリエモン。なにかに囚われてる感はあるわな。

2022/08/12 12:53

b.hatena.ne.jp

togetter.com

archive.ph

anond.hatelabo.jp

togetter.com

※断定はできませんが、報道などによると、山上容疑者が安倍元首相暗殺の決行直前に、ネット上で交流のあったジャーナリストの米本和広氏に宛て、投函した手紙の文面だそうです。言うまでもなく、内容を鵜吞みにするのは、大変危険でしょうが。

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年9月8日号)p133の画像です。記事の全文は、下記の「統一教会北朝鮮に献上した5000億円 文鮮明金日成に「お兄さんになって」」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。統一協会北朝鮮と懇意で、巨額の経済支援なども行っており、その原資の大半は日本人の信者から搾り取ったお金であることは多くの識者が指摘しておりますが、これは……!?

bunshun.jp

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。

yone56563.blog.fc2.com*1

www.stopreikan.com

togetter.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

blog.goo.ne.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

dot.asahi.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

dot.asahi.com

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

www.news-postseven.com

www.news-postseven.com

smart-flash.jp

smart-flash.jp

smart-flash.jp

smart-flash.jp

friday.kodansha.co.jp

friday.kodansha.co.jp

jisin.jp

toyokeizai.net

toyokeizai.net

toyokeizai.net

jbpress.ismedia.jp

nikkan-spa.jp

www.yomiuri.co.jp

www.yomiuri.co.jp

www.tokyo-np.co.jp

www.asahi.com

www.asahi.com

www.asahi.com

mainichi.jp

mainichi.jp

www.jiji.com

www3.nhk.or.jp

www.nhk.or.jp

www.businessinsider.jp

ezdog.press

ezdog.press

 ……個人的には、九州大学法学部教授の憲法学者・南野森氏のコメントこそ、正鵠を得ていると思われます。地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教などを別にすれば、本邦で、これほどまでに司直から民事・刑事を問わず、不法・違法行為を数限り無く認定されている宗教団体は存在しません。布教活動そのものまでが、最高裁で実質的に「違法」と断定されているなど、ある意味、日本史上、稀に見る悪質さでしょう。

 不遜な喩えで恐縮ながら、サッカーでもイエローカード二枚で、レッドカード一枚分の「退場」を意味します。一発レッドに等しい悪質な「反則」を幾度となく繰り返しながら、未だに団体として健在の統一協会とは、一体……?

 言うまでもなく、日本国憲法で謳われた「信教の自由」は保障されて然るべきですが、「自由」には「責任」が伴うのが大原則の筈です。そうした意味で、統一協会は「信教の自由」を完全に逸脱した反社会的勢力であり、カルトであることは明々白々でしょう。宗教に名を借りた反社の「自由」など、絶対に有り得ないと考えられますが。

 

●呉座勇一氏が結果的に「犬笛」の「犬笛」を吹いた!?反オープンレターの興亡記

 未だにツイッターなどを中心に、ネット上では呉座・日本史界隈のみならず、所謂「表現の自由戦士」こと表自界隈、アンチフェミニズムミソジニー界隈等ではオープンレター批判というか、キャンセルカルチャーの問題と絡めた正視に耐えない罵詈雑言が飛び交っております。

 呉座騒動の被害者である北村紗衣氏への二次加害などは言うに及ばず、これでは加害者の呉座氏にとっても、ありがた迷惑だと思われます。不定期に、何かをきっかけに間欠泉の如く噴出しては、結果的に蒸し返されるのですから。亀田センセイの場合は……コメントを控えさせて頂きます。

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

 私見ですが、自分の観測範囲では……ある時期から突如としてオープンレター批判というか、デタラメな反オープンレターの気運がネット上で燎原の火の如く燃え上るきっかけとなったのは、下記の呉座氏ご本人のブログだったと推定されます。

※以下のスクショなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※呉座勇一氏のブログ『呉座勇一のブログ』のエントリー「オープンレター」(2021年11月1日)のアーカイブのスクショです。尚、このエントリーは、後に呉座氏ご本人が密かに削除した模様です。

 もとより、呉座氏の真意は不明ですが……結果的に上記のエントリーが口火というか、狼煙となって、マグマさながらに大噴火したのが2021年11月頃でした。偶然って、本当に、本当に怖いですねえ。

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のブログなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

davitrice.hatenadiary.jp

davitrice.hatenadiary.jp

agora-web.jp

cagami.net

www.jijitsu.net

note.com

note.com

 呉座氏ご本人とも昵懇らしい東大先端研の玉井克哉教授に、高橋雄一郎弁護士。これまた最近は呉座氏と親交を結ばれた法大教授の河野有理氏や辻田真佐憲氏。東浩紀ことあずまん先生なども「バスに乗り遅れるな!」と言わんばかりに、反オープンレター側で次々と「参戦」。

 怒濤の如く、超高熱の火砕流が北村氏とオープンレターを襲ったこの騒動は……最終的に、雁琳こと山内翔太氏と北村氏ご本人との訴訟にまで発展したのですが*2。その最中、亀田センセイも北村氏にここぞとばかりに言及するも、その後は現在に至るまで謎の沈黙が続いている経緯もあります。

 しかし、ここまでの華々しい大戦果(?)を残したにも拘わらず、何故か呉座氏は上記のエントリーを、後日、こっそりと削除しております。理由などは一切不明ですが……。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

*1:山上徹也容疑者が、事件直前に上記の手紙を宛てたジャーナリストの米本和広氏のブログから。『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p35に掲載された米本氏ご本人のインタビュー記事「山上が手紙を送ったジャーナリストは何者か」が転載されており、実質無料で全文読めます。ご興味あるお方は、自己責任でご一読下さい。

*2:現在も、係争中です。