亀田俊和検証委員会

歴史学者・亀田俊和、呉座勇一氏らの『歴史の真実』の他、日本史界隈、本邦のアカデミズムの闇などを検証しているブログです。

男子中学生たちの終わりなき日常ー呉座勇一氏と反オープンレターの謎を追う~其の弐~

亀田俊和氏の勤務先への抗議などは、絶対にやめて下さい。宜しくお願い致します。

・初めて当エントリーを読まれる方は、亀田俊和 - Wikipediaの他、以下の「呉座勇一事件(呉座騒動)」に関する記事などの、ご一読をお勧め致します。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

www.asahi.com

www.asahi.com

www.dailyshincho.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

gendai.media

www.excite.co.jp

business.nikkei.com

www.bengo4.com

www.bengo4.com

・当ブログへのご意見、ご感想、及び情報提供などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。場合によっては、謝礼等も前向きに検討致しますので、宜しくお願い申し上げます。

higakitakashikensyoiinkai@gmail.com

・亀田センセイはツイッターにて事あるごとに、戦前、所謂「皇国史観」の大家として鳴らし、戦後は公職追放で表舞台を去った曰く付きの歴史学者平泉澄を持ち上げておられました。それこそ、熱に浮かされたように。

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

 実際、こうした傾向はご高著からも伺えます。一例として、以前、一通り検証した『南朝の真実 忠臣という幻想』(歴史文化ライブラリー378 吉川弘文館)p5~10でも、亀田センセイは平泉澄を大々的に取り上げているのですが……およそ批判らしい批判はしておりません。それどころか、読み方によっては、好意的とさえ受け取れる評価をしているのです。奇妙にも思えるのですが、本書で批判対象となっているのは「南朝忠臣史観」(亀田センセイ命名?)であって、厳密には「皇国史観」では無いのです。

 亀田センセイが平泉澄を絶賛する一方、対照的に平泉及び「皇国史観」に対して、その問題点を具体的に指摘するなど、歯に衣着せぬ「激辛」とも言うべき手厳しい評価をしていらっしゃるのが……歴史学者本郷和人氏です。先日、少しだけ紹介した本郷氏の最新刊『歴史学者という病』(講談社現代新書)p68~71においても、わざわざ4頁も紙数を割いて声高に批判している位でした。平泉澄先生」などと先行研究に対して、最低限の敬意を払いつつも、です。

bookclub.kodansha.co.jpkensyoiinkai.hatenablog.com 因みに、本郷氏は呉座勇一氏(亀田センセイも?)など、ご自身に批判的な若手研究者についても「私を批判する若い研究者たちへ」(本郷和人歴史学者という病』講談社現代新書)P194~195等で、名指しではありませんが、バッサリと一刀両断しておられました。本郷氏の『歴史学者という病』(同)についても、機会があれば、本格的にレビューしてみたいものです。

・本邦の日本史界隈の「太陽」にして、真の「御父母様」……ゲフンゲフン、「神の子」たる若き天才歴史家・呉座勇一氏。そして、紛い物の「御父母様」たちに家族を、家庭を、一生を台無しにされ続け、人生そのものをぶち壊されていた安倍元首相銃撃犯の山上徹也容疑者。

 片や、生まれながらに「成功」を約束されたエリート中のエリートの神童。こなた、「カルト」「反社」によって、劣悪な環境の下、生まれも育ちも何一つ恵まれなかった不遇の秀才たる宗教二世。

 運命によって明暗が分かれていた就職氷河期世代の二人を繋いだもの。それこそ、日本史ボーイズクラブなどの病巣とも言うべきアンチフェミニズムミソジニーによる不可視の「絆」でもありました。何という皮肉……。大変恐縮ながら、当ブログでは再三再四取り上げております。

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のツイートなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※時系列がバラバラで恐縮ながら、山上徹也容疑者が呉座騒動時、それ以後に連発していた呉座勇一氏関連のツイートのスクショです。同容疑者が、加害者の呉座氏の擁護に血道を上げる一方、被害者の北村紗衣氏、特にオープンレターに対して極めて批判的だったらしい事実などが確認できます。フェミニストを毛嫌いしていた理由などは不明ですが、アンチフェミニスト・ミソジニストであったと仮定すると、事の是非はともかく、一定の説明が付くと考えられます。

gendai.media

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

ジェンダーのところに呉座さんの名前が・・・

2022/08/12 11:56

b.hatena.ne.jp

山上徹也容疑者の全ツイートを計量分析して見えた、その孤独な政治的世界(伊藤 昌亮) @gendai_biz

頻出固有名詞が安倍、石破、バイデン、天皇、呉座、ホリエモン。なにかに囚われてる感はあるわな。

2022/08/12 12:53

b.hatena.ne.jp

togetter.com

archive.ph

anond.hatelabo.jp

togetter.com

※断定はできませんが、報道などによると、山上容疑者が安倍元首相暗殺の決行直前に、ネット上で交流のあったジャーナリストの米本和広氏に宛て、投函した手紙の文面だそうです。言うまでもなく、内容を鵜吞みにするのは、大変危険でしょうが。

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p32の画像です。記事の全文は、下記の「「山上の兄も包丁を持って幹部の家に向かった」最も親しい信者の告白7時間」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。この見出しだけでも、衝撃的な内容でしたが……。

bunshun.jp

※『週刊文春』(文藝春秋、2022年9月8日号)p133の画像です。記事の全文は、下記の「統一教会北朝鮮に献上した5000億円 文鮮明金日成に「お兄さんになって」」と題した『週刊文春』の電子版(有料)か、最寄りの図書館などで該当号をお読み下さい。統一協会北朝鮮と懇意で、巨額の経済支援なども行っており、その原資の大半は日本人の信者から搾り取ったお金であることは多くの識者が指摘しておりますが、これは……!?

bunshun.jp

※上記の春某髭候氏のツイートに添付されたスクショ画像などです。私見ですが、安倍晋三元首相暗殺事件と統一協会を巡る詭弁・屁理屈などのパターンが事細かく分類化されていると思われます。

yone56563.blog.fc2.com*1

www.stopreikan.com

togetter.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

dot.asahi.com

bunshun.jp

bunshun.jp

bunshun.jp

www.dailyshincho.jp

www.dailyshincho.jp

smart-flash.jp

gendai.media

friday.kodansha.co.jp

jisin.jp

toyokeizai.net

toyokeizai.net

www.newsweekjapan.jp

jbpress.ismedia.jp

nikkan-spa.jp

www.yomiuri.co.jp

www.yomiuri.co.jp

www.asahi.com

www.nikkei.com

www.jiji.com

note.com

web.archive.org

 ……個人的には、安倍氏国葬など、どちらでもいいというか、特に興味も関心もありません。が、最近の国葬賛成派の言い分が「アンチのアンチ」というか、日垣隆唐沢俊一を連想させる逆張り一辺倒になりつつあるように見えるのは、自分の考え過ぎなのでしょうか。実際、唐沢本人もしたり顔で、安倍氏国葬に大賛成していますが。

 

●火付け役(?)のエントリーは消えても、はてブブコメは消えずの怪奇現象が!?

(前回のエントリーからの続き)頭隠して何とか隠さず……とまでは言いませんが、呉座勇一氏のブログから例のエントリーがいつしか消えても、はてブブコメはそのまま現在も放置というのは、これ如何に、です。恐縮ながら、実に不可解というか、不可思議な事象でもあり、改めて呉座氏の真意を測りかねております。

※以下のスクショなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

※呉座氏ご本人による下記の「はてなブックマーク」のスクショです。

b.hatena.ne.jp

megalodon.jp

※呉座氏ご本人による下記の「はてなブックマークのコメント」のスクショです。
「犬笛」としてのオープンレター - 道徳的動物日記

このオープンレターが個人糾弾ではない、敵か味方かを迫る踏み絵ではない、と言われても納得できませんね。「文化環境」の改善が目的なら、個人名の連呼も所属組織の名前も不要では。

2021/11/02 18:20

b.hatena.ne.jp

megalodon.jp

gendai.media

gendai.media

gendai.media

www.genron-alpha.com

togetter.com

 余談ながら、未だに男子学生の比率が8割前後で、かつ男子校出身者がひしめく呉座氏の母校・東大では、下記のような「悪しき伝統」が脈々と受け継がれているそうです。呉座氏ご自身も「過度なジェンダー平等論に反対!」云々で統一協会のお株を奪うようなフレーズをぶち上げて、先日の参院選比例枠(自民党)でトップ当選した漫画家・赤松健が先輩格の、男子校の名門・海城高校出身でした。

 自称「ネット保守」「新保守主義者」「ネット右翼の代表格」のネット論客・HN【はむはむ】として、「フェミニストどもを土下座させて謝らせた!」などと公言して憚らなかった亀田センセイは京大生でしたが、これまた男子校の名門たる函館ラ・サール高校出身でもあります。いやあ、偶然って、ここまで積み重なると、つくづく怖いですねえ。

kensyoiinkai.hatenablog.com

※以下のまとめなどは、ご参考なまでに掲載したものであり、自分はこれらのご見解に賛同している訳ではありません。宜しくお願い致します。

toyokeizai.net

togetter.com

matomedane.jp

toship-asobi.hatenablog.com

呉座勇一先生による「女性」や「他者」への発言・批判集(※アーカイブ)

togetter.com

togetter.com

 ……どうでもいい話で恐縮ですが、日本中世史の研究者・平山優氏が、業界の後輩(?)の亀田センセイや呉座氏とやけに親密らしい理由の一端も、なんとなく分かったような気がします。センセイも呉座氏も、気さくな大先輩の平山氏と巡り会えて、またとない僥倖だったと思われますが。もとより、自分の勝手な憶測であり、大変失礼致しました。

 

※ボーイズクラブの某男子中学生(精神年齢)たちよ、終わりなき日常を、明後日の方向に生きろ!!心はいつも15歳(違


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

おひさま/イエーイ!!

おひさま/イエーイ!!

Amazon

*1:山上徹也容疑者が、事件直前に上記の手紙を宛てたジャーナリストの米本和広氏のブログから。『週刊文春』(文藝春秋、2022年8月11日号)p35に掲載された米本氏ご本人のインタビュー記事「山上が手紙を送ったジャーナリストは何者か」が転載されており、実質無料で全文読めます。ご興味あるお方は、自己責任でご一読下さい。